恋愛詩 #恋愛してる自分の気持ちがわからない
恋愛詩

出典: snapmart.jp

サナギのような
こころもとない
季節はいつも

毛布をかぶって
目を閉じる

油断をすれば
すぐに浮ついてしまうから

陽が落ちて
落ち着いたころ

空気を吸いに
外に出る

静かな夜に
ひとりベンチで
桜を眺める

あなたを想って
伝う涙は

羽化するわたしが
生きてる証


作者: Ikep
Twitter: @lovekrtekajezek

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は Ikep 様に帰属します。
ここには、「答え」はありません。
ここにあるのは「恋愛詩」です。
「答え」は、あなたの心の中にあります。
あなたと同じ迷いを迷い、
あなたと同じ喜びを喜ぶ。
あなたの心にある「やさしさ」に、
小さな言葉が届きますように。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

123,355 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new