恋愛詩集

笠原メイさまの恋愛詩10選♡一秒一秒を大切にしたくなる恋の詩をお届けします!
恋愛詩集

笠原メイさまの恋愛詩10選♡一秒一秒を大切にしたくなる恋の詩をお届けします!

笠原メイさまの恋愛詩は、一瞬も永遠も同じくらい大切にしたい、そんな気持ちにさせてくれる名作ばかりです♡ぜひみなさまも笠原メイさまの恋愛詩集を読んで、恋する気持ちの切なさ、大切さに思いを馳せてみてくださいね♡

恋愛詩集
恋愛詩集

空が落ちてくるほどの自分勝手な絶望

やさしいあなたを 誠実さから 遠ざけたくはないから ガラスの家をつくる 誰にも見えないように ひっそりと内側に 熱情を押し隠して あなたとあの子の 帰り道 わたしだけが知っている 道端の花の誠実さ あなただけが知っている 小さな木の実の鮮やかさ これは自分勝手な絶望 空が落ちてくるほどの

恋愛詩集 終わらせたいほどの幸福を紡ぐ
恋愛詩集

終わらせたいほどの幸福を紡ぐ

幸福の先に見える消失に 押しつぶされそうな部屋 あなたの優しさを 知れば知るほど怖くなる あなたの愛を 受ければ受けるほど弱くなる 映画だったらここで終了 ハッピーエンド でもそんな訳には いかないから わたしは今日も 終わらせたいほどの幸福を紡ぐ

恋愛詩集 いつかあなたが笑いながらアパートのドアを開けてくれる気がして
恋愛詩集

いつかあなたが笑いながらアパートのドアを開けてくれる気がして

あなたが住んだアパートに 来週行ってみませんか いつもの路地を通り過ぎ 夕暮れの中を二人きり この街の匂いと あなたの肩の匂いと わたしはただそれだけで 明日への勇気が持てました 二人が離れた今になっても わたしは希望を捨てられません いつかあなたが笑いながら アパートのドアを開けてくれる気がして