遅い春の終わり

恋愛詩 好きな人に眠れないメール
恋愛詩

遅い春の終わり

出典: snapmart.jp

薄寒さに目が覚めて
1人のベッドを出る

昨夜のシャツも脱ぎ捨てたまま
窓辺でタバコに火をつける

残り香も消えゆく部屋から

くすんだ空の青と
冷たい街に跳ねる光と
駅まで続く並木道の緑と

振り返る事なく
人混みに紛れてゆく君の姿と

遅い春の終わりを見ている


作者: yama。@歌詞屋 ▶️ “スピカ”作曲
Twitter: @yama81fromzld

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は yama。@歌詞屋 ▶️ “スピカ”作曲 様に帰属します。
ここには、「答え」はありません。
ここにあるのは「恋愛詩」です。
「答え」は、あなたの心の中にあります。
あなたと同じ迷いを迷い、
あなたと同じ喜びを喜ぶ。
あなたの心にある「やさしさ」に、
小さな言葉が届きますように。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

149,801 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation