ひとしずくの恋 | 恋愛詩集 by 弓 リツ

恋愛詩 好きな人を忘れる方法がない
花のように

あいのうた

出典: snapmart.jp

君の好きな曲をずっと流して
君のことを想っている
最近ずっとこんな感じ

このフレーズが好きなんだねと
自然に笑みが零れている
君らしいと僕も気に入る

今度二人で一緒に聴こうよ
そのフレーズを僕が歌うよ
愛してるって僕から言うよ

恋心

出典: snapmart.jp

恋の前駆体が駆け巡る
君に会うと増えていく
消える前にかき集めて
心にきちんと仕舞って

そして恋になる前日に
花束を持って会おうか

出典: snapmart.jp

手をつなごう
何でもいいから
手をつなごう
君が分かるから

辛くても泣かない君の
心が分かる気がするから
微笑みの中の悲しみに
寄り添える気がするから

手をつなごう
そして眠ろう
一緒に

琥珀のかけら

出典: snapmart.jp

秋の太陽は黄色くて
くすんだ空気を寂しく照らす
夏の日射しで褪せた緑
あの暑さで溶けた赤色

元の場所に戻った君と
変わらずここに居る僕
熱に押され手を繋いでいたら
今頃温もりを分けていたかな

虫の声がまだ聞こえるから
夜が来てもひとりじゃない
君はなにを思っているかな
誰かの隣で寝ているのかな

眠れない夜が明けていく
窓の外を眺めている
あの空から降り注ぐ
琥珀のかけらを拾いに行こう

冷たい手

出典: snapmart.jp

春が終わり夏が始まるのに
君の手は冷たいまま
冷たい風が冷やしたまま

手が冷たい人は心が温かい
なんて言うけれど
僕は心が冷たいのかな

分からない
けれど、いつでも温かい僕の手で
君の手を温めたい

君の心が温かいのなら
僕の冷たい心で冷えないように
手だけでいい
つなぎたい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

ひとしずくの恋

出典: snapmart.jp

青空が泣く日は
星を集めて瓶に入れよう

月夜が陰る時は
朝の香りを想って寝よう

儚い恋でした
空から見ていますか?
美しい夢でした
今の私はどうですか?

ひとしずくの恋の水が
乾いて枯れないように
毎日水遣りを欠かさず
あなたが願った世界を
胸に抱いて私は生きる

さよなら初恋

出典: snapmart.jp

桜が咲いたら引っ越す君に
何を言えばいいだろう
今さらずっと好きだった
なんて言ったらきっと困るよな

君との話が好きでした
君の隣りが好きでした
君の笑顔が好きでした
君が大好きだったんだ

桜の花の散るころに
僕はまた思い出す

君の隣りにいれたこと
君が話してくれたこと
君が笑ってくれたこと
君を大好きだったこと

もうすぐ夏

出典: snapmart.jp

ペットボトルを鞄に入れて
空の機嫌をみながら自転車で
お気に入りの喫茶店まで
君と一緒に出掛ける昼

まだ夏じゃないのに
小さな扇風機が
君の横で回っている

かき氷はまだだったね
また来月一緒に行こう

そうしたら
イチゴ味のかき氷が
君の舌を赤くして
僕の心を赤くする

晴れのち曇り一時雨か雪

出典: snapmart.jp

明日晴れるかなんて分からない
君の心だって明日は分からない

ずっと晴れだとつまらない
ずっと雨だと悲しくなる
だから時々曇って喧嘩して
雪みたいに凍っても

晴れのち曇り一時雨か雪
繰り返して僕たち
ずっと一緒にいよう

もうすぐ冬

出典: snapmart.jp

急に冷えた朝
去年、君がくれたマフラー
ちょっと早いけれど
首にふわりと巻く

衣替えで出したばかり
やわらかく優しい香り
それから君の温もり
隣じゃなくても感じる

着込んだ僕を笑って見送る君
真冬になったらどうするの
そしたら一緒に手を握って歩くよ
コートのポケットの中で

fin d’un début
ある始まりの終わり


作者: 弓 リツ
Twitter: @yumi_arc_r

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は 弓 リツ 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

291,622 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new