終わらせたいほどの幸福を紡ぐ

恋愛詩集 終わらせたいほどの幸福を紡ぐ
花のように

あなたが残る

出典: snapmart.jp

最初にあなたを見たときの
樹木のような凛々しさを

自分の中でくだいて
混ぜて消化して

そうして残ったのが
あたたかい憧憬と
一握りの安堵

こぼれないように
あふれないように
静かにポケットにしまった感情

これらを人に見られたら
溶けてしまうと聞きました

この情緒の名前


出典: snapmart.jp

まるで
本を読んでいるみたい

わたしの中から
言葉が溢れ出して
あなたの存在を形作る

不安定な芯には
ネモフィラの花びらを

あなたへ続く道には
ススキの穂を敷いて

この情緒に名前をつけたい
いつかあなたに辿り着きたい

一番空に近い葉

出典: snapmart.jp

神様がもしいるのなら
これだけは聞いておこうと思う

ヒトはなぜ
飛べないのでしょうか

こんなにも長い手足があって
こんなにも発達した脳があって

なぜ自力では
飛べないのでしょうか

もしも飛ぶことができたなら
わたしはモミの木のてっぺんの

一番空に近い葉を
お守りとして折っておくのに

確固たる白さ

出典: snapmart.jp

好きという気持ちは
赤やピンクで表されるけれど

わたしは純白だと思う
それも油断は許されない白さ

あっという間に染色されてしまう白さ
潔癖なほどの境界線を保つ白さ
他者には眩しい白さ

なかなか色付かない恋を
塗りつぶしてくれるほどの

そういう確固たる白さ
おかげで胸を張って歩ける

鮮烈な懐古

出典: snapmart.jp

握ったはずの拳から
いつのまにこぼれ落ちたの?

あの冬の日の雪の結晶
うららかな春の木漏れ日

あなたの手の温もり
永遠の誓い

目に見えないそれらは
いつも形には残らず

音も立てずに消えてしまう
留まるのは鮮烈な懐古だけ

同情と愛が同居する夜に
99:1
どちらか選べるとしたら
わたしは多分1のほう
99人から恨まれたとしても
たった1人で
あなたの声を聞きたい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

夜空の欠員

出典: snapmart.jp

夜空の星を
等間隔に配置して

悲しいことがあったとき
骨を折るようにして落とす

深い意味なんてないのよ
星たちが落ちる
たったそれだけのこと

少し動けば
触れられる距離にあなたがいて
その髪に触れる理由を探してる

夜空の欠員なんかより
そっちのほうがよっぽど
重大で愛おしいこと

繋いでもいい手

出典: snapmart.jp

世界には
何十億もの人がいるのに

繋いでもいい手は
ここにあるあなたのものだけ

うんと優しく聞こえた声に
朝の陽射しを送りたい

包むようなその眼差しに
夜の匂いを添えてみたい

わたしの隙間を
あなたの感情で埋めて

足りないところが
ないようにして

あなたのことを想うとき

出典: snapmart.jp

あなたのことを想うとき
記憶は温度を伴って

あなたのことを想うとき
手のひらは期待を孕み

あなたのことを想うとき
窓外の景色は発光し

あなたのことを想うとき
指先は嫉妬で震えます

あなたのことを想うとき

円柱形の恋心

出典: snapmart.jp

半透明の感情を
フラスコに入れると

水のように形を変えて
円柱形の恋心

とろりと揺れて
飛沫を立てて

あなたに注がれるのを
待ってる

いつだって足りないものは
叶うわけがないって

心のどこかで
あきらめたこと

終わらせたいほどの幸福を紡ぐ

出典: snapmart.jp

幸福の先に見える消失に
押しつぶされそうな朝

あなたの優しさを
知れば知るほど怖くなる

あなたの愛を
受ければ受けるほど弱くなる

映画だったらここで終了
ハッピーエンド

でもそんな訳には
いかないから

わたしは今日も
終わらせたいほどの幸福を紡ぐ

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

164,313 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new