サヨナラの前に、未来の話をしよう

サヨナラの前に、未来の話をしよう
sora

ドラマチックな恋じゃなくても

出典: snapmart.jp

ちょっと先の未来は


とくに確かめる必要なんてなく


サヨナラの予感を大いに含んでた


利口な選択じゃない


そういわれても


こうなるのが自然だったんだ


激しく燃え上がる


そんなドラマチックな


ものじゃないけど


きっと運命


磁石が引かれあうこと


引力に逆らえないこと


すべてはきっと同じ理

お似合い

出典: snapmart.jp

穏やかでのんびり


口数は少なめだけど


自己主張はしっかり


並ぶ様もしっくり


みんなは口をそろえて言う


お似合いの二人だと


それでも確かに別れは訪れる

少女時代は過ぎた

出典: snapmart.jp

宝物や抱えた荷物はそれなり


両手いっぱいに抱えながら


指先で君の服を握った


君からのプレゼントも増えて


両手はもう限界近く


あれもこれも欲しいけれど


それは欲張りというもの


きっと


何かをあきらめなければならない


幸福の名のチケットを


ここで使いきることはできない

夏の一幕

出典: snapmart.jp

冷たい炭酸を流し込んだら


日射しの中へと競うように


波打ち際にはしゃいで


焼けた砂浜でボールを追う


楽しい時間はあっという間


無邪気に楽しめるだけの時間は


もうおしまい


季節の終わりを予感させる風に


お別れの準備をはじめなくちゃ

その日のために

出典: snapmart.jp

読書する横で寝ころぶ


無防備な寝顔


ジェラートをお気に入りにこぼし


情けなく寄った眉根


何気ない瞬間を


丁寧に切り取って


増やしていく


何年経っても忘れないように


記憶が薄れないように


寂しさで困らせないように


離れても生きていけるように


君はどこかあきれ顔だけれど


想いが強いほど


覚悟を決めるには


時間が必要なんだよ

今がすべて
そう生きていければいいのに
割り切ることも
あきらめることもできないまま
途方にくれながら
2人は歩き続ける

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

君とのLIVE MUSIC

出典: snapmart.jp

2人の趣味が


はじめてピッタリ重なった


お気に入り


飽きてしまうほど何度も


何度も聴いても


飽きることなんて全然なくて


片方ずつのイヤフォン


真夜中のハイウェイ


真冬の海にも流していたっけ


ウィンドウを全開にして


寒さに震えながら


馬鹿みたいに大声で熱唱


信号待ちでは恥ずかしくて


仕方なかったけど


どっちが大きな声を出せるか


賭けたりして


そういえば


最後の賭けは


どっちが勝ったのかな

冬の訪れ

出典: snapmart.jp

予報通りにちらつく雪が


季節がまた深まったことを教える


君に選んでもらった


ロイヤルブルーのコートは


やっと叶えてくれた唯一のおそろい


白のジョンストンズがよく映える


このまま2人手をつないで


白の世界へ溶け込んで


永遠に春の来ない


どこか遠くへ

まだ帰りたくないの

出典: snapmart.jp

帰り道


別れ際


また数時間後に逢える日でも


離れることはどうしようもなく寂しい


5分後に電話しても


何時間も


メッセージすることになっても


わがままを言えるようになって


あと少しを繰り返したのは


君を困らせるためじゃない


怒らせたり


喧嘩になったりするようになっても


離れ際の寂しさはどうにもならなくて


近頃は怒ることもなくて


しょうがないなぁと延長宣言


リミットが近づいたことを


君の態度が


否応なしに教えてくれる


ほどけてもいない靴紐を


直す振りで下手な悪あがき


穏やかに目を細める君の


伸ばした手をそっと握った

遠距離の掟

出典: snapmart.jp

遠く離れても同じ空の下


優しさをにじませる言葉が


なぐさめにもならない


遠く離れれば


見える星の名も空の色も


何光年先のだって違った角度


繋がっていても


眺める空は決して同じじゃない


離れるとは


そういうこと

サヨナラの前に、未来の話をしよう

出典: snapmart.jp

慈しむように時を重ねても


近づく瞬間を


遠ざけることはできない


積み重なる悲しみと不安に


これ以上は抱えられないと


目を背け続けたわたし


痛みを伴う争いを


いつも無意識に避けてきた君


泣くのはいつだってできる


待ち受ける痛みや苦しさは


何をどうしても軽くなんてできない


だから


未来の話をしようよ


その先に光を見出そうよ


再び交差できると希望を抱こうよ


二度と運命は重ならなくても


君とわたし


過ごした日々は正しかったと


確かに言えるように


“今”に押しつぶされないように


未来の話をしようよ

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

68,213 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new