無口な恋とシンパシー

無口な恋とシンパシー
te

わたしの声

出典: snapmart.jp

遠くで鳴いている


鳥も海も裏側で


あなたへと向けている意識を


まぶたの端へと


追いやるたびに


わたしの声は


比例して聞こえてきた


声が大きくなるごとに


発する前の呼吸は長くなる


答えはこんなに近くに


存在していた

背く

出典: snapmart.jp

小さく肩を落として


帰路についたまま


玄関で往生している


ぼんやりとモヤまで


部屋についてきた


あなたは背中を向ける


回数が増えて


声だけでは判明しない


釈然としないこと


わたしの後ろについて残る

雨足

出典: snapmart.jp

風が長くなると


窓から夏が流れてくる


影は軽くなっていく


少しあごを上げ


カレンダーの日をめくる


予想外のタイミングで


雨足は騒ぎ走り去る


アスファルトの通り


あっという間に変色して


そうだ普段より


空を読む時期だ

シンパシー

出典: snapmart.jp

正解さがしのシンパシーに


終止符のピリオドを打つ


いつのまにか


身についていた反応


匙を投げていい


あなたの前


素直さは実りになるといい


ささいな変化に感づく


あなただから


シンパシーの頷きは


もうやめていこう

星座とロマン

出典: snapmart.jp

寝転んで星座を眺めると


静かな夜でも


音にあふれて


光にうずく 


暗闇で眼は見開くもの


置き忘れていた


じっと動かない恋


気づいたときに


紐つける考え


巡る創造を


止めてしまうのかな

昨日から佇んでいる恋
寄り添いあって
すくい上げると
やわらかい表情をして
励ますより安堵している

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

つぐむ

出典: snapmart.jp

沈黙が流れても


気にならなければ


近しい間柄なのだと


耳にした


けど底にある


わたしの本音


シンプルなことばかり


言い表すのは簡単


あなたへ発する声は


脆い分だけ鋭いから


大切につぐむ

猫の背中

出典: snapmart.jp

しーっと息を静めて


庭にきた猫がいる


何を考えているのか


謎の眼差し


水たまりをひょいと飛ぶ


自由に伸びる背中


追いかけた姿は


知りたい憧れが


延長にあって


引き寄せられた


あなたによく似た


引力をもっているから

細波

出典: snapmart.jp

わたしが投げれば


跳ね返ってくる


石とボール


反応した弾みを帯びて


水面に投げ入れる


さざ波は細やかに揺らぎ


影響した模様を広げ


向こう側へ渡っていく


残響を覚えるように


なにか焼きついた光景

ダイアローグ

出典: snapmart.jp

話さないと


わからないこともあるし


無言で沁みわたる


しあわせな温度もあって


どちらも汲み取り伝わる


コミュニケーションだった


ふたりの感情表現


ひとつじゃなく違うのが


自然なダイアローグ


注意を計らうこともなく

夕焼け

出典: snapmart.jp

焦げた夕日を


前に立ちつくすと


まだ時々いとしくなる


ふと時々さみしくなる


訳もなく胸が騒ぐのは


お祭り前の静けさに


どこか気配が似ているせい


なにかが欠けると


なにかを招く予感


今度あなたに会うときには


美しく感じるままに


過ごせそう

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

69,532 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new