誓えないのに信じてる永遠

誓えないのに信じてる永遠
sora

頼りないけど繋がっている

出典: snapmart.jp

縮んでいくパラソルの花束


喉の奥まで届くような太陽


真夏の影に逃げ込んで


2人で笑う午後


本当に話さなくちゃいけないことなんて


そんなにないのかもしれないね


胸元のリボンが揺れる


頼りないけど繋がっている気配

雲の向こう側

出典: snapmart.jp

ブルーのお皿に乗せた積乱雲


君の声に目を閉じている間に


少しずつ動きながら


形を変えていく


せわしない足元の模様


私たちみたい


会話が途切れるたびに


雲の向こう側を見るような


君の瞳がもどかしい

大切な言葉はアゲハのように

出典: snapmart.jp

教室のざわめきに


点線をいれながら


落ちていくプリント


手からこぼれるたくさんの言葉


私の頭の中に


いつまでも居座る言葉


そうしていつも


大切な言葉はアゲハのように


ヒラヒラと遠のいて


他愛のない話を続けてる

思い出

出典: snapmart.jp

笑い声が響く廊下


声を潜める校舎裏


思い出になっていくのは


嬉しいことなのかな


2人とも同じ色の花火を見たら


ずっと色褪せないでいられるの?


終わりはレースのカーテンに隠して


今はただその手を繋いで


明日を当たり前にしよう

真夏の夕暮れ

出典: snapmart.jp

太陽が溶けていく夕暮れ


雨雲のにおいを吸い込んで


遠回りしながら歩く


ポケットにしまい込んだ


今日の苦味


君になら見せられるから


子供の泣く声


猫の鈴の音


誰に聞かれても


誰にもとられない


2人のおしゃべり

君はみんなに優しくて
みんな君のことが好きで
だから私は君のこと
大嫌いで大好きで
いつも奥歯を嚙んでいる
ノートに書いては丸めてる
子供みたいな恋

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

sea

出典: snapmart.jp

肩の白を寄せ合って


透き通る海を目指せば


私たち夏の空に見える


交換できない魂を


ぶつけ合うしかできなくて


溢れ出るギザギザの言葉で


お互いに傷ついたりして


足の裏をくすぐる


生きてるみたいな砂浜


誓えないのに信じてる


永遠を想った

熱帯夜

出典: snapmart.jp

星が凍えるほど


蒸し暑い夜にひとり


ルノワールみたいな夢から覚めた


天井に逃げていく色彩


まばたきもせず


夜をなぞった


引き出しの奥にしまっておける


なんでもない夜のことを


きっと君に伝えるんだろう


意味なんてなくても

your name

出典: snapmart.jp

遠くのセミが鳴き止む日


それでも続く夏は


引き止めることもせずに


ただ佇んでいた


何にも縛られずに


君の名前を呼べたら


それは歌になる


チリチリと焼けるハートを


優しく撫でる君の手を


離したくないと呟いた

music

出典: snapmart.jp

背伸びして比べたって


なんにもならないって


君は笑う


風のような声


イヤホンを分け合って


未完成の曲を聴く


歪なマルでも


私たちにはちょうどいい


2人だけの形

最後のラムネ

出典: snapmart.jp

最後のラムネ


君にあげるね


焼けるサドルにまたがった


君の肩をつかんで


雲と走った


写真に残せないような


君と私


うるさいくらいの


夏の音を背負いこんで


ベイビーブルーの空に漕ぎだしていく

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

67,221 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new