やさしい空に散りゆくもの

sora

オレンジ

出典: unsplash.com

甘ったるいジュースは


口内で粘着質に


まとわりついた


カラダが砂糖漬けに


なったみたいに


駆け巡る


果汁40パーセントしかない柑橘


いつも貴方の手にある


この紙パック


私だってもっと


苦くてたまらない


珈琲とか


痺れるほど強い


カフェラテで


背伸びしたかったのに

セレナーデ

出典: snapmart.jp

月並みのクラシックを紡ぐ


無我夢中で弾いていたら


突然唸るような


低音が響いた


驚いて見た私とは違って


落ち着く


貴方が憎らしい


「邪魔しないで」


「モーツァルト?」


「……シューベルト。」


「へえ、すごい」


モーツァルトしか


知らないくせに


意外と


緩んだ音も悪くないけれど

夢幻

出典: unsplash.com

気だるい朝


ベッドサイドに


置いたスマホに手を


伸ばせば震えて


微かに香った


大嫌いな煙草のかおり


何もかもまだ手遅れじゃないなら


思い出してしまう前に


履歴もひとつのこらず削除した


カーテンを揺らす風は


私の所まで届かない


まだ夢の中にいるのかしら

確信犯

出典: snapmart.jp

灰色の雲から


滲む光は


あなたの瞳と似てた


送り出すふりして


甘いコロンを


一滴


ロマンティックなことは


言えないかわりに


焦がれて揺らして


私はね


フェイクルーザー

ツバメ

出典: snapmart.jp

もつれあった電線は


二度と


解けなくて


溶けそうな蒼に


もたらす


違和感が憎らしい


都会の空は


誰かが言っていたよりも


深くて


優しいの

あの日あなたが
開けると言うから
私も開けた
ピアス穴
なにも飾られない
ほんの1ミリは
空虚であまりに切ないよ
深い霧に怯える蛍

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

追憶のフェザー

出典: unsplash.com

サラサラなびく


髪の毛に手を伸ばしたら


舞い降りた羽みたいで


こわくなった


溶けて消えて


この時間も


幻だったとしたら


せめて


瞼の裏に刻んで


記憶の中だけでいいから

藍とガラス

出典: unsplash.com

なぜ君が


ここにいるのって


そんなの


お互い様でしょう


あなたが伸ばした手に


私が重なることは有り得ない


そんな運命だから


湿る空気に


聡明な夜


水溜まりに浮ぶ月


もうここへは


戻らない

ワトソン

出典: snapmart.jp

あの瞬間は


まるで疑っていなかった


なんてそんなの


言い聞かせてるだけで


本当はね


気づいてたよ


だけど真実は変えられない


もし出会い直せるなら


何も知らないままの


貴方がいい

金曜の夜

出典: unsplash.com

ペンなんか回して


得意気に


椅子の裏へと


テンポよく靴の踵を


馬鹿みたいに


ぶつけながら話してた


その隣で呆れつつ


相槌を打つ瞬間も


嫌いじゃなかったの


あなたがご機嫌に


勧めて来るアーティストも


興味なんてなかった


音楽番組でチェックするのが


癖になっていたけどね

クレセント

出典: unsplash.com

キミがいない夏


微かにのこった


月の端っこも


花火大会が終わったあとの


夜闇の静けさも


撃ち落としてくれた


安物の景品も


溢れるほどにせつなくて


忘れられるはずもない


果敢に閉じた瞳の奥で


神様にお願いするの


誰かの隣にいるアナタが


もう二度と


私に恋する日が


来ませんように


涙に濡れる日が


来ませんように

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

68,213 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new