言えないよ | 恋愛詩集 by もとし

恋愛詩集

感謝しても溢れるほどの

出典: snapmart.jp

優しすぎる僕に
『その優しさはどこから?』って
最初から優しくできた訳じゃない
あなたの優しさも受け取ってるから
返そうと思うんだ
感謝してもし切れない
僕が僕で居続けられるのも
大好きな歌をまた歌おうと思えるのも
聴いてくれる人が居るからなんだ
ありがとう

言葉がなくても

出典: snapmart.jp

君とのおしゃべりに
言葉がなくても
同じ空間にいられること
それだけで
安心できるから

言葉に詰まること
それさえも
愛おしく思えるんだ

どんな君とでも
幸せな時間を過ごす
その自信があるから
大丈夫

君が笑えば
僕も笑って

僕が笑えば
君も笑う

ありがとう

これからも

出典: snapmart.jp

風に吹かれてどこに行くんだろうね
見えない明日に向かうのかな
終わらないと思い込んでいる
人生の旅路の交差点で君と出会った
北風の強い日でも
セットした髪を気にかけず
口笛吹くような人
『いつか終わるから楽しくいこ』
生死について考えてなさそうな君が
僕といるのは
『落ち着くから』

また今度

出典: snapmart.jp

また今度
本当の意味を知るのは
雪が溶け桜が咲いて
ひとしきり泣いた後のような気がして
何処に行くかなんて
いつ帰って来るかなんて
訊けやしなくて
永遠に来ない『また今度』に
仄かな期待を寄せて過ごすのが
恋がれている者にだけ許された
特権のような気がして
誇らしくて
切なくて

Last Call

出典: snapmart.jp

朝焼けを眺めながら
昨日の電話が
今年最後だったなって後悔した
何でもないような話を
真剣に聴いてくれた
君の笑声で満ちていた
表情までは想像できなくて
惜しくて堪らなかった
気が付くと君のこと考えてた今年
特別な感情が混じってること
隠してるから
嬉しさと切なさが
今でも残る

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

言えないよ

出典: snapmart.jp

気持ちを全部は言えないよ
どれだけ苦しくても
ほんとの気持ちを
言うわけにはいかないから
僕が願うのは
君の幸せだから
だから
今まで通りの君のまま
優しい眼差しと態度で
いて欲しい
決して届くことのない
想いを知らないままで
そのままで
素直な君の
微かな微笑みを
遠くから…

重ねる

出典: snapmart.jp

暗闇で見えないからと
横顔にそっと唇を重ねたら
不意に去年の今頃の孤独が
愛おしく思えてきた
孤独を忘れようと躍起になるのは
返って孤独を強めるだけだと聞いた
以来部屋を暗くして
誰だか知らない架空の相手に
そっと唇を重ねている
空っぽ
また来年の同じ日
同じことを思うのだろうか

15,031

出典: snapmart.jp

それ程意味のない数字
ひとつずつ積み重ねる時
どんな気持ちだったかなんて
そんなの覚えていないけれど
辛かったこと
嬉しかったこと
ウキウキしたこと
頑張ったこと
沢山詰まっているんだよ
2016年の6月に
君のあと追うようにして
登録したSNS
君と話したかったから
これが15,032投稿目

夕陽

出典: snapmart.jp

河川敷から夕陽に微笑んでも
明日には忘れてしまいそうで
君に向けるはずだったから
毎日顔を見せてくれる夕陽に
僕の貴重な笑顔を見せた
いつまでも振り向いてくれない
君にじゃなく
いつも背中を押してくれる夕陽に
僕が思い出したのは
笑顔と
君がかつては僕にとって
太陽だったということ

出典: snapmart.jp

僕の両手で円を作って
君の背中をさすりたい
夜風に慰められながら
二度と叶わない夢として
心のショーケースにそっとしまった春
あれから1年経っても
振り払えない気持ち
時が止まってる
そばに居るはずの君を
今夜もそっと包んでいる
華奢な身体が収まるほどの
円を作って
君の背中さすりたい

fin d’un début
ある始まりの終わり


作者: もとし📝 140字小説と詩で生きるを書いてる人
Twitter: @motobaritone

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は もとし📝 140字小説と詩で生きるを書いてる人 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

286,888 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new