はるかぜ|恋愛詩集 by ウサギと馬

恋愛詩集 花のように
花のように

耳元のオルゴール

出典: snapmart.jp

枕に頭を落とす
布団被れば
いつからか
どうやったら出来るのか
耳元でコチンコチンコチン
オルゴールが鳴り出す
3回鳴ればアイシテルの合図

今日もお互い離れていたね
なのに今だけは
時を共有している

間を開けて
また鳴りだす

コチンコチンコチン
先におやすみね

モーニングコーヒー

出典: snapmart.jp

毎朝二人で飲む
ホットコーヒーは
恋の味がするね

おはようも
顔を洗う音も

全てが全て楽しくて
ずっと続けと願うの

君の笑顔がコーヒーに
色味を添える

今日も良い日にしようね
私はコーヒーにミルクを
混ぜた

告白は突然に

出典: snapmart.jp

春風が過ぎてゆく
君の髪をたなびかせながら
それを抑える君の指先が
細すぎて
柔らかすぎて

抱きしめたくなる

桜の大樹の木漏れ日で
僕はブラウスの袖をめくった
暑すぎず 寒さもなく
君への想いに蓋をする事もなく
口を開いた

「好きです」

気持ち時々雨

出典: snapmart.jp

ねぇ、彼女と何話しているの?
何で盛り上がっているの?

彼氏だと紹介した途端に
横槍入れられているみたいで

複雑な気持ち

晴れの心に雨雲発生した
もうすぐ雨が降ってくる感覚

私を置いていかないで
話の輪に混ぜてよ

また盛り上がってる
私だけ爪弾きな気分

昨日が用意した今日

出典: snapmart.jp

昨日の私が用意した
今日の時間に
君と紡ぐ時間が組み込まれ

ソファーの背もたれではなく
私の膝を枕にするから

柔らかな君の髪を指で
すいている

こんな何気ない時間を
もたらしてくれた
自分で自分を褒めてあげたい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

1枚の絵

出典: snapmart.jp

絵のモデルをしてと
頼まれたから
椅子に腰掛けて
あなたを見ていた
あなたも絵筆を走らせながら
私を描いていた

だけなのに

瞳からは恋しさが
溢れ出る様になり
あなたはそれも
描いていた

モデル最終日
握手で終わるはずだった
けれど
互いの瞳からは恋しさが
絡みあった

既読

出典: snapmart.jp

君がいない夜は
LINEを送る
既読がつかなくても
構わない

君が
幸せな夕飯を食べて
心地よいシャワーを
浴びれたなら
私は嬉しいから

そうこうしてる間に
既読がついた

寒い夜だから

出典: snapmart.jp

ばったり会った
仕事終わりに
久しぶりなのに
久しぶりじゃない感じ
ずっとあなたが好きだった
帰りのバスまでは
缶コーヒー飲みながら
世間話
またいつか遊ぼうと
約束取り付けた
寒さが増してきたね
お互い風邪引かないようにしようね

甘えたい

出典: snapmart.jp

あなたに髪を
撫でて欲しい
あなたに子守唄
歌って欲しい
あなたに癒しを
求めたい
私がいつも
しているみたいに
あなたに甘えたい
そんな夜が
あっても良いですか?

はるかぜ

出典: snapmart.jp

君の机と私の机の
間には
いつもあの子がいる

窓を開けてもいないのに
吹き抜ける笑い声

先生の声より高く
清らかなその子は

イタズラにノートを落として
君との中を取り持とうとする

その子の名前は
春風

次に吹き抜ける時には
桜の香を連れてくるだろう

fin d’un début
ある始まりの終わり


作者: ウサギと馬
Twitter: @usaginoletter

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は ウサギと馬 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

278,324 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new