2022年 9月

恋愛詩 両思い切符に涙が落ちる
恋愛詩

積乱雲の壊れる音

#両思い切符に涙が落ちる 二人の間に漂う空気に耐えられなくなって、1人夜道を歩いたことも、やさしさが伝わらない悲しみに胸が痛んで、ベッドに身を投げ出したことも、全部受け止めたいと思ったとき、時間が止まったような気がした。

恋愛詩 好きな人に眠れないメール
恋愛詩

この恋の重さは

#好きな人に眠れないメール いつかこの恋に、ためらいもなく夢中になれる日が来るのだろうか。二人の距離は近くて遠い、つかめそうでつかめない、いつか見た虹のようだった。いつか消えてしまうものだとしたら、今この時をずっと抱きしめていたい。