きっと毎日空は痛みを伴って

きっと毎日空は痛みを伴って
見つめる

踏切

出典: snapmart.jp

踏切の甲高い音が


風にまたがってこの部屋に来た


急いで駆け抜けたいのに


足がすくむ


もう何本も電車を見送ったような


やるせなさが部屋を満たしていた


踏切の音と入れ替わるように


君のため息

セーター

出典: snapmart.jp

セーターの裾を引っ張る癖


君はちょっと嫌がっていたね


言いたいことを飲み込んで


綺麗な嘘と笑顔を用意しても


君はすぐに見破った


少し伸びてしまった


君のセーターに絡まる


秋を告げる風


枯葉が傷つけあう音

似紅

出典: snapmart.jp

ほんの1ピクセルずれただけで


この絵は完成しないんだ


慎重に慎重に線を置いて


少しずつ少しずつ色を注ぐ


君の目の先


似紅が交わらずに重なっていく


滲みもせず


明日が見えないような夕焼け空を


君は描いた

midnight

出典: snapmart.jp

ただ二人いるだけで


分かり合えたらいいのにって


空の淵を見て


アンドロメダにそっと願った


午前2時


窓の隙間から見える


いくつかの光の下に


どれくらいの愛があるだろうか


そっと手を伸ばしても


触れられない光

整然と

出典: snapmart.jp

ところどころに空いた穴


繕うように


ポツリ、ポツリと言葉が漂う


ほんの一言で


心の底まで届いていた日々を


懐かしく思い出す


君は今、何を思ってる?


本棚に並ぶ


日に焼けた背表紙を眺めた


二人で少しずつ


埋めていった空間

今日を問いながら
日記帳を開く
沈んだことも
浮かんだことも
すくい上げて広げていく
絡まったままの秋風に
ページがさらわれて
今日が飛んでいってしまう前に

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

chair

出典: snapmart.jp

古道具屋で見つけた


籐の椅子を


日の当たる場所に移動するのが


君のこだわりだった


ちょっとささくれても


大切に補修していた


お気に入りの場所


そっとそこにいて


全てを受け入れる


そんな風に私もなれたらよかった

髪結い

出典: snapmart.jp

結った髪をほどいては


またくくって


意味もなく何度も繰り返した


小さな部屋に


君の声とキャンドルが揺れる


吹けば消えてしまう


六等星のような光と声


この声に何度も心を撫でられたから


終わりを告げられても


なんだか心地よくて困る


髪を結い直して下を向く

変身

出典: snapmart.jp

思い出は


いつになったら痛くなくなるの?


星でさえ


永遠ではいられないの?


そんなことを思いながら


朝焼けを1人歩いた


空はグラデーションに染まって


ひとつの色では


いられないみたいだった


朝になるのは簡単なことではないね


きっと毎日空は


痛みを伴って変身しているんだろう

落ち葉

出典: snapmart.jp

くるぶしまで重なる落ち葉は


朝焼けのグラデーションみたい


交わらずに重なる絵具で


神様に秋の色を注がれた


分け入りながら


ひたすらに進んでいく


どこに辿り着いても


また笑えるように


今だけ泣きながら歩いた

new born

出典: snapmart.jp

生まれ変わったよ、


と教えてくれるように


朝日がまつ毛をめくった


君の絵の完成は見れなかった


君の椅子にもなれなかった


君の声をもっと聞いていたかった


まだあちこち痛いけど


息を吸い込んで


私はまた私をはじめ直すの

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

150,856 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation