いつでも離れられる2人

いつでも離れられる2人
me

夜に満たされた

出典: snapmart.jp

夜の気配がたちこめる


しっとりと静かに


手を絡めるようにして


街の上に


わたしたちの上に


充満していく


露に濡れる


草木の匂いを


胸いっぱいに吸い込んで


あなたと2人


夜に満たされた

1.3秒前

出典: snapmart.jp

「月が揺れてるね」


空気中に溶かすような


とっておきの優しさで


膝に乗せていたオスカー・ワイルド


壁にかかるビアズリー


どちらともなく


視線を泳がせる


「いま見える月の光は


1.3秒前のものなんだって」


わたしが好きなあなたの表情


過去の光を見ているときの


甘くて鋭いその表情

行き過ぎた熱

出典: snapmart.jp

弱々しく立つ


哀愁の向日葵


遠慮がちに開かれた葉は


行き過ぎた熱


まだ夜が残る時間帯に


ホットミルクを傾けて


朝焼けを見すぎたわたしたちは


夏の全てを知っていた

この想いを愛と呼ばせて

出典: snapmart.jp

半袖のシャツ


薄いスラックス


焼けるような陽射し


あなたの眼差し


汗が横頬をつたって


アスファルトに


しみていく


夏の息苦しさを


あなたとわかちあいたい


この想いを愛と呼ばせて

特別を胸にしまって

出典: snapmart.jp

風が再開を果たした


入道雲のむこうで


あなたと2人


笑い合いたい


誰もいない


迫る時間も何もない


ただ丸くて綺麗な瞳が


圧倒的な質量をもって


わたしを見つめてくれるだけ


楽しそうに眉を下げるあなたの


特別を胸にしまって

胸の中に
水が溜まっているみたい
あなたのことが好きすぎて
すっかり泣きやすくなってしまった
簡単に溺れるわたしを
どうか笑ってほしい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

愛に救われる

出典: snapmart.jp

永遠にも感じる


星の命を


わたしの中に


閉じ込めてしまいたくなる


煌めきが眩しくて


誇り高さに嫉妬して


届かないことが


わかっているから


余計に枯渇する


「大丈夫だよ」


あなたの言葉と笑顔に


いつもほどかれて


「いつかは星も壊れるからね」


愛に救われる

箱庭みたいに

出典: snapmart.jp

あなたの指先が不意に


自然を整えるように


赤い葉を拾っていく


きれいだねって


ひとつ またひとつ


その仕草が完成されていたから


箱庭みたいに大切に


しまっておきたかった

赦されていたかった

出典: snapmart.jp

無邪気さをわざと纏った


子どものフリをしていた


変化するものを見つけて


流れるものを見つめた


永遠になれないこの時間に


赦されていたかった


走る電車に向かって


流れる星に向かって


いつも


いつでも


手を振っていた


降参の白旗をあげるようにして

わたしの手にはあなたの手が

出典: snapmart.jp

楊柳が風になびいて


いまにも連れていかれそう


太い幹には


日暮らしが


わたしの手には


あなたの手が


離れることを拒むように


強く優しく


とどまっている

いつでも離れられる2人

出典: snapmart.jp

命綱があるとして


あなたに繋がれているとして


それならわたしは


落ちてしまってもいいよ


溺れてしまってもいいよ


けれどそうじゃないから


いつでも離れられる2人だから


こんなに大切で


こんなに愛おしく


こんなに慎重なんだと思う


夕焼けがとても綺麗で


わたしたちの残り少ない


足場を削って笑ってる

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

69,532 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new