この花が旅立つ頃

me

あたりまえのこと

出典: snapmart.jp

はじまりは


こんなふうじゃなかった


ただあなたを


見ているだけでよかった


それだけで


満ち足りていた


それなのに


いつからだろう


あなたを


恋人にしたくなったのは


わたしだけを見て


わたしだけに触れて


わたしだけのものでいて


いくら伝えても


あなたは


そうしてくれない


空の向こうに


いるんだから


日曜日が月曜日に続くくらい


あたりまえのこと

ココロ

出典: unsplash.com

あなたはいつもそうだった


わたしのうれしい気持ち


わたしのかなしい気持ち


わたしが感じる


あらゆることを


いつだって


誰よりも早く


気づいてくれた


そして今


わたしの目の前に立ち


手を広げてくれる


…ねぇ、いつになったら


わたしの心の中にある


わたしのココロに


気づいてくれるの?

理由

出典: unsplash.com

何を見ているの?


誰を見ているの?


そうたずねると


あなたはすぐに


はぐらかす


でもほんとは


知ってるんだよ


あなたが誰を


見ているか


あなたが誰を


想っているか


だってわたしは


いつもあなたを見ているから


あなたがわたしに向ける


気持ちよりも深く


わたしはあなたを想っている


理由なんてない


早くこっちを向いてよ

この花

出典: snapmart.jp

あぁ


なんでこんな気持ちに


なるんだろう


ねぇ


なんでこんな気持ちに


させたいの?


あなたもわたしの気持ちに


気づいているよね


見上げるほど高い背


切れ長の細い目


腕まくりをした時にのぞく


太い腕


どれもわたしの


友だちにはないところ


低い声で名前を呼ばれると


心臓がドクンと音を立てる


きっと


受け取ってもらえる日は来ない


この花が旅立つ頃には


わたしの気持ちも


見えなくなって


しまうのでしょうか

上の空

出典: unsplash.com

あなたがわたしを


愛おしいと思う時


あなたがわたしに


好きとささやく時


わたしはあなたを


好きじゃない


なぜだかわかる?


あなたはわたしを


愛おしいなんて


思っていない


あなたがわたしに


ささやく好きは


きっと上の空

曇り空
そよ風の匂い
ふと立ち止まるあなた
絡み合う視線
一瞬の出来事だった
会いたい
会いに来てほしい
あなたは誰なの

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

ツグミ

出典: unsplash.com

群れを解き


一羽になった冬鳥のように


わたしは再び


あなたの場所へ


帰るのでしょうか


幾度となく


交わした約束


ちぎれないと信じて


疑わなかった二人


波も


風も


雲も


口をつぐんで


何も知らせてくれないけど


声も


目も


膝も


何も答えてくれないけど


味のしなくなった


炭酸みたいに


わたしの喉を


通り過ぎた

タイムマシン

出典: unsplash.com

2週間


あなたからの声


聞こえない


何十回目の


往復切符


思い描いたのは


片道切符


新しいテーブルと


新しい食器と


窓から見える


悲しいほどの青


タイムマシン


もしあるなら


伝えられたかもしれない


タイムマシン


あるわけない


もう終わりなのかな

左手

出典: snapmart.jp

あなたを


困らせたくない


そんなこと


わかっているよ


でも


言わずにはいられなかったの


どうしようもないくらい


好きになってしまったから


止められない


わたしのボーダーライン


超えてしまったの


彼の左手に光るソレは


わたしの理性に


呼びかける力を


持ってはいなかった

本当の恋人

出典: unsplash.com

彼女の


その愛らしい姿は


わたしをひどく困惑させた


彼女はひどく痛がっていた


わたしの存在を知って


彼女の頬には涙の跡


彼の本当の恋人


彼女は知ってしまった


しまっておこうと


決めた思いが


ダムのようにあふれて


止まらなくなった


そうだよね


おどろいたよね


ごめんね


わたしはなんて


愚かだったのだろう

いつか

出典: snapmart.jp

春の空のように


微笑んで


夏の青のように


答える


秋の日のように


あなたを


冬の白のように


包み込む


あれから何回


数えただろう


わからない


雨の日を


いつか


大好きになれますように


今日もまた


輝く波を見つめて


祈るの

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

68,213 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new