恋心|恋愛詩集 by 仁音(hitone)

恋愛詩集 見つめる
見つめる

あなた

出典: snapmart.jp

あなたが私にくれるもの
太陽と月と星
穏やかな眠り
涼やかな目覚め

あなたが私にくれるもの
鼻先に吹く一番の風
いつもそばにあるのに
気づけないもの

いつだって
大きすぎるものは
見えない

みつけたかけらは
ぎゅっとつかんで
離しちゃいけない

あの日

出典: snapmart.jp

確かなことは
出会ったということ
あの日
この世界で

不思議なのは
今、私は
あなたの中にいて
あなたは私の中にいること

360度の大地
天空には
二筋の飛行機雲

呼応した瞬間
出会ったんだ
確かに

夜風

出典: snapmart.jp

夜の風は
子守唄
葉をゆらし
木々をゆらし

窓からすべり込み
頬を撫でる
誰よりも優しい手
誰よりも

晩夏の月は
遙かな記憶の物語
あなたと私の

呼びさまされる
頬を撫でるは
あなたの手だったか

夏の宵空

出典: snapmart.jp

あなたを
信じられなかった
長い影を踏みながら
後をゆく

でもほんとは
あなたへの
自分の思いを
信じられなかったんだ

陽が沈む前に
追いつけるだろうか
まだ間に合うだろうか

夏の宵空はまだ蒼く
手を繋いだ影が
遠くまで伸びていた

ただ‥

出典: snapmart.jp

たわいないお喋り
美味しいものを食べて
美味しいねって
笑いあう

情熱は少なめでいい
ドラマティックでなくても
たゆたう日々
傍らにはいつもがあって

何も求めず
何も求められず
ただそばにいて

優しい午後
あなたの寝息をずっと聞いていたい
ただそばにいて

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

下駄箱

出典: snapmart.jp

そうそれは
好きって告白して
それだけで十分だった
ティーンズの私

下駄箱で
ばったりあって
何もいえず
ただ手をふるだけ

心臓の鼓動
全身に鳴り響き
bye-byeしか言えず

思い出すたびやり直したくて
再生回数はかさなって
でも今は大切な煌めくシーン

夏の終わり

出典: snapmart.jp

鏡の前に立ち
鋏を入れる
ハラハラと
前髪

女の髪は
なぜこんなにも
儚げに
落ちるのか

涙がつっと
吐息がふっと
落ちていく

散らばった髪は
失った恋の詩を綴っていた
もうすぐ夏が終わる

出典: snapmart.jp

真っ暗な天井
手を繋ぎ
天を仰ぐ
目を閉じれば満天の星

何はなくとも
きっと笑顔でいよう
そんな内緒話
そんな二人

信じるってなに
わかりあうってなに
こたえは見えない

だけどいつも
君の笑顔そこにいて
みずから輝く星に似て

赤い実

出典: snapmart.jp

好きとか
愛してるとか
言葉にしたら
風に飛ばされ

運命とか
赤い糸とか 
それとても
雨に濡れ

離れず近づきすぎず
幾多の季節
一緒に来た

振り向けば
二人の樹
赤い実ひとつ生っていた

恋心

出典: snapmart.jp

確かに恋心は
たった一つの愛に
成就されれば
本望でしょう

だけど
愛になれない恋心は
ただただ
恋するしかなくて

叶うまえに
消えてしまう
儚く降る雪

やがてとけると
わかっていても
降り募る雪

fin d’un début
ある始まりの終わり


作者: 仁音(hitone)
Twitter: @haretotama

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は 仁音(hitone) 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

291,901 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new