空が落ちてくるほどの自分勝手な絶望

恋愛詩集
恋愛詩集

恨みたいほど

出典: snapmart.jp

好きな人の好きなもの
些細なことでも知りたくて
メモに残したりしてた

イギリスのロックバンド
特殊能力を使う主人公
口の中が痛くなるジュース
ショートカットの女の子

あなたがあまりにも
楽しそうに話すから
恨みたいほどの気持ちだよ

自分の長髪に
心臓を縛られて

この感覚のはじまり

出典: snapmart.jp

遠い昔の記憶
密度の高い温もりの中で

安心しきって
眠っていた

そんな絶対的な安らぎを
あなたにも
感じていた

なにか特別な雰囲気で
どこかで繋がっているようで

この感覚のはじまりを
どうしても知りたくて

あなたを
手に取ってみたかった

異常気象のせい

出典: snapmart.jp

特別なことなんて
何もなくて

ただあなたがいる空間に
偶然わたしがいる
そう思うようにしています

あなたの周りが
さざめいて見えたり

あなたに触れられたところが
熱かったりするのは

異常気象のせい
この理不尽をだれか止めてほしい

表情と感情

出典: snapmart.jp

日々の中で
小さな嘘をつく

何度も 何度も
自分を守るために

足元は削られて
むき出しの木の根

それでも大切なのは
表情と感情

繭にくるまっているかのように
取り繕って
塗り固めて

踏みつけにするのは
何万本もの命

安堵と嫉妬と諦念を抱えて

出典: snapmart.jp

好きな人の好きなもの
書き記していたメモ

捨てることは
できないけれど

昔のノートに挟んで
棚の奥深くへ

あの子と並んで歩く
完璧な後ろ姿

目をそらさずに
いられたら

100年経ったかのような
安堵と嫉妬と諦念を抱えて

目があったそのときの
困ったような笑顔
写真に残したいと思った
何も知らないあなたが
まっさらに思えて
これから何をしても
ゆるしてくれる気がして

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

あなたの面影を見る

出典: snapmart.jp

理解している
そういうフリをしながら
期待まみれの日々

この衝動から
逃げ出したかった

わたしにしか見えない
光と影が
船のように揺れ動き

散りゆく木の葉に
あなたの面影を見る

人生最大の欠点

出典: snapmart.jp

あまりにも優しく
雨が降っていたから

あなたの声をこの静けさに
混ぜてみたくなった

きっと淡くて薄い緑
あなたの声はいつも丸く
透き通るほど柔らかいから

その声が手に入らないことが
人生最大の
欠点に思える

恋愛なんかに負けてしまう自分

出典: snapmart.jp

戦ってやる
主人公になった気持ちで

わざと乱暴な言葉づかい
鼓舞したのは

恋愛なんかに
負けてしまう自分

紅茶に溶かすのは
染まらない強い覚悟と

揺るがない堅い決意と
抑制した甘い感情

飲み干して
我慢を知られる前に

あなたの中のわたしの存在

出典: snapmart.jp

あの子を大切にしている
実感すればするほど
鏡のように反転する心

どっちが本心で
どっちが嘘か

もう分からなくて
分かりたくもなくて
蓋をする

あなたの中にわたしが
少しだけでも存在していれば
もうそれでいい

形に残さなかったことに
意味があるのだと思いたい

自分勝手な絶望

出典: snapmart.jp

やさしいあなたを
誠実さから
遠ざけたくはないから

ガラスの家をつくる
誰にも見えないように

ひっそりと内側に
熱情を押し隠して

あなたとあの子の
帰り道

わたしだけが知っている
道端の花の誠実さ

あなただけが知っている
小さな木の実の鮮やかさ

これは自分勝手な絶望
空が落ちてくるほどの

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

164,313 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new