まだ一握りほどの空

sora

序章

出典: snapmart.jp

予感はあった


きっと初めから


気づくと目が離せなくて


その存在に


背中もぴりりとこわばる


気のせいだと言い聞かせるほど


もう気のせいにできないと悟る


高鳴る気持ちと


不安


知っている


これは始まりのサイン

ひみつの種

出典: unsplash.com

楽しそうだねと


聞かれて鼓動が跳ねる


始まったばかりの恋を


まだ芽が出たばかりの


不確かな恋を話すには


足りない勇気


訝しげな友達


ごめんね


もう少し


まだもう少し待ってと


笑顔の下でつぶやく

眩しい日

出典: unsplash.com

自転車で駆け下りる


傾いた日射し


汗ばむ制服整え


指からもれる陽に目を細める


ふぅっ、と息をつく


いつもの歌で


いつものことなのに


多分ずっとこれからも


まだ気取られないように


いつもと変わらない


わたしとあなたでいられるように

平行線

出典: snapmart.jp

わたしの背伸び


わからないでしょ


あなたには


大人びて見せる


なんでもないように


3歩くらい大人なあなたに


縮まらない歩幅


手を伸ばしても


空を掴むだけ


わたしだけでは足りない


いつかと期待してはいけないだろうか


差し出される手を

夏の蜃気楼

出典: unsplash.com

ふざけ合い


シャツの裾からのぞく肌


ちらりと鮮明に


はしゃぐあなたに


背を向ける


地面の焼ける匂い


揺れる視界


くらくらするような


蜃気楼


瞼の裏には


ただその景色だけが鮮やかに

気づかれないようにと祈り
気づいてほしいと願う
矛盾だらけのゆめ
いつまでも
花占いのように

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

弾む心

出典: snapmart.jp

近づく影に速まる鼓動


笑えわたし


大丈夫


大丈夫


軽口ですれ違う


込み上げる嬉しさに頬が緩む


気づいてないでしょう


きっとわたしの方が


いくらも先に気づいていた


また頬が緩む

夕焼け色の孤独

出典: snapmart.jp

賑やかな街


手を引かれ母に向ける笑顔


寄り添う猫


見つめる先には


対象的な1本の長い影


一人を感じ


一人にふける


ふと我に返る


寂しさと恥ずかしさ


交じる帰り道

憂鬱は至福に似ている

出典: unsplash.com

頬杖ついてため息


嬉しさなのか


苦しさなのか


繰り返される毎日の


わたしだけの反省会


暗闇にぼうっと光る手元


所在なさげにスライドする指先


思い浮かべたシルエットに


ため息をもう一つ


寝つけない夜の


わたしだけの時間

恋の割合

出典: unsplash.com

勉強していても


友達とふざけ合っていても


布団に潜る時も


朝の目覚めの時だって


8等分にはできない


丸々1個分の想い


もしかしたら


いつか来るかもしれない


もっと器用に分ける事が出来る日が


でも今はまだ


艷やかなりんごをかじりながら


一滴もこぼさないように


大切に大切に

想いは空の果て

出典: snapmart.jp

嫉妬する


笑顔の訳に


一緒に流す


涙の訳に


知りたい


あなたが夢中になるものを


見たい


あなたが今


見ている景色


まだ一握りほどの


欠片しか


わたしは持っていないから


想いは空の果て


終わり方はまだ


思いつかない

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

54,718 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new