ホームシック・ガール

恋愛詩 ホームシック・ガール
恋愛詩集

さよなら

出典: snapmart.jp

いつまでもいつまでも
さよなら

あなたはあの日のまま
あのさよならの瞬間のまま

どこまでもどこまでも
さよなら

これが最後と思っても
あなたはいつまでもそこに

涙が流れても
川にすらならない

涙が流れても
足元は灰色の街

あなたに出会えて

出典: snapmart.jp

どうかもう二度と
微笑みを見せないで

枯れ果てた涙が
流れ落ちそうになる

あなたは光の中を歩いてく
私はかたく目を閉じる

あなたに出会えて
嬉しかったこと

あなたに出会えて
悲しかったこと
たくさんある

想いがあふれて
すべてを失ったんだ

希望の道

出典: snapmart.jp

今日は
あなたと別れた日

駅のホームで
あなたのSNS
指でなぞる

知りたくないけど
教えてほしくて

忘れたいのじゃなくて
憶えていたくて

幸せならよかった
新しい明日におめでとう

わたしじゃなきゃよかった
希望の道にたたずんだ

あなたの好きなレコード

出典: snapmart.jp

10年なんてすぐだと
あなたは言ったね

でもわたしにとっては
長い、長い、年月だったよ

2人の心が重なったのは
ほんの数カ月のことだったけど

2人の心が離れた今は
100年にも200年にも感じる

いつかまた
家に遊びに来てほしい

大好きだったレコード
今も聴けるから

大好きだったビールも
冷やしてあるから

ぜんぶあなたが正しい

出典: snapmart.jp

ずっと思っていたの
ぜんぶあなたが正しいって

キスもバイバイも
ぜんぶあなたが正しいって

でも間違っていた
ぜんぶあなたが正しいなんて

どうして私が
決めることができるの

あなたのことを
尊敬してる

だから全部決めて
正しいことを
私が間違っていたことを

いつもあなたが決めてほしい
私が間違っていたことを

じゃあまた明日
会おうね
じゃあ明後日
会おうね
じゃあ来週
会おうね
じゃあ来月
会おうね
じゃあ来年
会おうね
じゃあ5年後
会おうね
じゃあ10年後
会おうね
もう二度と会えないって
わかってる
だけど約束
いつかまた
会おうね

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

未来はいつまでもあなたの手の中

出典: snapmart.jp

あなたと待ち合わせした
四ツ谷駅の聖イグナチオ教会

髪を撫ぜるあたたかい風
リバーブの中に堕ちた声

切なすぎて愛しすぎて
きっといつまでも忘れないだろう

わたしは今でも
捨てられたなんて
思っているけれど

未来はいつまでも
あなたの手の中にある

だからあなたには
これ以上ないくらい
幸せになってほしい

「久しぶりだね」
そんなふうに
笑っていてほしい

愛が壊れる

出典: snapmart.jp

あなたは
持っているの?

わたしとの記憶
幾つ持っているの?

繰り返される
愛が壊れる

あなたは永遠に
届かないもの

でもわたしの
胸の中にいる

わたしは幾つ
持っているんだろう

あなたを幾つ
持っているんだろう

きっと何も
持っていなかったんだね

きっと全部
壊れたんだよ

昨日よりキレイな私

出典: snapmart.jp

あなたと夢で会えた日は
一日中ふわふわ

5月に会ったグラウンド
もう3カ月たったんだね

汗の匂いに誘われて
まるで雲になった気分

あの雪の日を思い出せば
チョコチップのジェラート

いつか一緒に
食べたいね

あの春の日を思い出せば
最初みたいにキスできる?

毎日が記念日
昨日よりキレイな私がいる

冷めたキッシュ

出典: snapmart.jp

いつもなら
指を絡ませていたのに

いつもなら
2人の紅茶を並べていたのに

いつもなら
駅まで見送りに行くのに

あなたはもう
帰ってこないの

わたしのこと
嫌いになったの

西日が差すキッチンで
作ったキッシュも冷めてしまった

ホームシック・ガール

出典: snapmart.jp

またいつか
会えますか

わがままばかり
ごめんなさい

この空を
あなたも見ていたら

これほどの幸せは
ありません

わたしはただの
ホームシック・ガール

あなたと離れて
ホームシック・ガール

いつかあなたは
元カレになる

いつかわたしも
元カノになる

悲しい強がりは
終わりにしようよ

さよならの握手
ずっとしようね

わたしはただの
ホームシック・ガール

あなたと離れて
ホームシック・ガール

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

149,801 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation