君と一緒にいたいと願いながら

君と一緒にいたいと願いながら
花のように

オーロラ

出典: snapmart.jp

とっておきの


オーロラの折り紙の真ん中に


ハサミを入れる


世界を歪ませながら


虹色に染めて


片割れは羽根のように


落ちていった


そのかすかな音に


胸が痛いのはなぜだろう


繋がってもいないのに


どうしてこんなに


痛々しいのだろう

まばたき

出典: snapmart.jp

まばたきをするたびに


世界が変わらないかしら


目まぐるしさに息もできないかな


それでも何度もパチパチと


まつ毛で風を起こして


君が私を見てくれる世界線を待つ


たった1人


荒野に置いて行かれても


宇宙に放り出されても


もしその瞬間が待っているのなら


何度でも

出典: snapmart.jp

カーブミラーに


君とあの子が映ると


私は猫になる


何食わぬ顔をして


軽やかに駆け出して


街の隙間に消えてしまうの


涙から逃げるように


急いで


急いで


風にしっぽを撫でられて


もう大丈夫なフリをして眠るの

難しいパズル

出典: snapmart.jp

幸せまでの道に


誰かの涙がつたう


真円は遠のく


心の采配は


神様にも難しいパズルだったみたい


私が無理して笑えば


丸く収まるわけでもなく


ママは心配するでしょ


うまくいかないね


それでも


好きだって気持ちを


ただそれだけを覗いている時は


幸せなんだよ

夏が降る

出典: snapmart.jp

歩道に延びていく白い線


なんとなくその上だけを1人歩いた


まだ汗ばむ帰り道


きっと今夜


示し合わせたみたいに


夏が降ってくる


雲がソワソワしている


夏の下で


君はあの子の手をとって


どこに行くのかな


私はこの細い線を


どこまでもどこまでも歩く

叶わない恋を
恋と呼んでもいいですか
時間が経つと
思い出になりますか
苦いですか?甘いですか?
夏が終われば
誰かの恋も終わるというのは本当ですか

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

出典: snapmart.jp

君は誰かをからかったりしないし


あの子も誰にでも優しい


2人が一緒にいなくても


幾人ものクラスメイトの間を縫って


糸が繋がってるみたいだった


言葉にしなくても


態度にしなくても


誰にでも見える糸


誰にも触れない糸

喉の奥

出典: snapmart.jp

ルノワールの絵から迷い込んだ猫が


小さく鳴いている


私にだけ聴こえる声で


寂しいのに寂しくないフリ


欲しいのに欲しくないフリ


どこか似ているね


抱き上げて鼻を寄せた


喉を鳴らせば


本当の気持ちが溢れてきてしまいそう

君の隣

出典: snapmart.jp

生きている間に見たい景色が


指折りでは足りないくらいあるの


膝の上に猫を寄せて


夢と現実を行き来していた


オーロラがかかる真夜中


星が生まれる瞬間


虹の端っこ


本当は全部


君の隣で見てみたい

せわしない

出典: snapmart.jp

レースのカーテンが揺れている


少し暑くて


でもまだ心地よくて


私はリルケの詩集を読みふける


一日の中で


自分のことは


好きになったり嫌いになったり


忙しい


君のことを嫌いになれたら


きっとこの胸には少し隙間ができる


ちゃんと息ができるようになる


だけど


自分のことも


嫌いになってしまうのかな

出典: snapmart.jp

きっとおこがましいほど


神様が苦笑いしてしまうほどに


私達は感情に名前をつけたがる


君と一緒にいたいと願いながら


君の幸せも


君の大切な人の幸せも


そっと願うこと


この気持ちはなんていうんだろうね

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

150,853 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation