憂鬱に濡れたスケッチ

sora

距離

出典: unsplash.com

わずかだけど


隙間ができた


わずかだけど


ヒビが入った


わずかだけど


小さなことが重なって


2人の距離は


遠くなるばかり


会いたい


その一言が


言えたなら


わずかなヒビは


埋めることができるのに


いつからだろう


言えなくなったのは

あいあい傘

出典: unsplash.com

ひとつの傘に


想いを宿して


肩が濡れても


笑ってた


ひとつの傘に


想いを宿して


細い持ち手を


ふたりで握った


冷たい私の手は


あなたの手で


温められた


「あったかいね」


そういうと


あなたは照れて笑った


ふたりでひとつだったのにね

こころ

出典: unsplash.com

全てを知るのが


怖くて


あなたの気持ち


気づかないふりしてる


今のあなたを知ってしまったら


もう会えない


もう戻れない


そう心がつぶやくの


ずるいね


あなたの気持ちを


知ろうとしないなんて


ずるいよね

チケット

出典: unsplash.com

何気なく手を入れたポケットから


思い出のかけらが


見つかった


フワッと浮かんでくる


あの時の感情が


暖かくて


懐かしくて


愛おしく想えた


「また行こうね」


そう約束したよね


思い出のかけらを見るまでは


忘れてたのに


会いたいよ

抵抗

出典: unsplash.com

いつもと違う化粧をして


いつもと違う服を着て


いつもと違う靴を履いてみた


あなたがいなくても


平気だって


自分に嘘をつくの


いつもより背筋を伸ばして


いつもより笑って見るの


あなたがいなくても


寂しくないように

恋の始め方は
教えてくれるのに
恋の終わり方は
誰も教えてくれない
ううん
終わりなんて
知りたくない
もう一度
心通わせたいだけ

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

ラズベリー

出典: unsplash.com

口にしたラズベリー


甘酸っぱくて


思わず眉をしかめた


彼は笑ってたけど


恥ずかしくて


目を逸らした


あたたかい彼の手が


私の頭にそっと伸びた


彼の瞳は優しく


私をみていた


愛おしくて仕方なかった


今日のラズベリーは


とても甘いのに


美味しくないんだ

彼色

出典: unsplash.com

街中で流れる音楽


彼の好きな曲だ


街中で見かけたお店


彼の好きな服だ


見える世界は


彼色に染まっていて


もう忘れたしまったんだ


あなたがいない世界を

出典: unsplash.com

憂鬱な雨


今の私にはちょうどいい


憂鬱な雨


外の世界も泣いているんだ


彼は傘を持って


出かけただろうか


どこかで濡れてないだろうか


連絡すればいいのに


勇気のでない


臆病な私


憂鬱な雨


彼は私のこと


気にしてくれてるのだろうか

プレゼント

出典: snapmart.jp

ふたりで歩いた道に


小さな光が


無数に咲いていた


ケタケタと笑う子供の声


肩を寄せ合う恋人たち


あの頃は


彼を見つめるのに忙しくて


こんなにきれいだとは


思わなかった


神様


プレゼントは


何もいらないの


彼と笑って過ごせたら


それ以上の幸せはないわ

らいん

出典: unsplash.com

小さな箱に


想いをつづった


小さな指は


ちょっと震えた


小さな箱に


つづられた想いは


小さな指が


紙ひこうきにして飛ばした


届け


素直な気持ち


届け


会いたいの気持ち


小さな箱は


ぼんやりひかり


私をやさしく


照らしていた

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

54,719 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new