恋の終始について想う

恋の終始について想う
te

恋の終始

出典: snapmart.jp

わたしたちは


恋のはじまりに


あこがれて


恋のおわりに


成長していた


いくつの恋も


必然だったと


想いあえたらいい


キレイごとだろうか


そう考えるのは


なんどでも恋に


後悔するだろうから

白い部屋

出典: snapmart.jp

あなたは本の文字を


真剣な目で追っている


わたしは窓の外


雲をぼんやりと眺めた


白い部屋の中で


なにかを発見しては


ひとりごと


伝言だけ残しておいた


無関心に見える


自由なふたり


わたしたちには必要な


距離が存在していた

ミツバチ

出典: snapmart.jp

どこからか


花にぴたりと


ミツバチがとまる


わずかな一瞬に


美しさを覚えて


意識しなくても


捉えるハート


ときどき好きを


教えにやってくる


天使のように


舞い降りる動きは


ふと目の前に訪れる

カラフル

出典: snapmart.jp

キャラじゃないとか


似合わないとか


思っていたの


昨日まで


洋服のカラーアイテム


らしくないよ


そう言われたとしても


今のわたしが


選択するのなら


どんなことも


らしい気がした


視野がカラフルになると


気分も高揚していった

サンクチュアリ

出典: snapmart.jp

優柔不断におもえた態度


そこまで考えていたと


具現化するまで


兄弟のように


ふざけあって笑いあった


親友のように


偽りのないアドバイス


交わしあい


ふたりは安全な場所で


過ごしている


恋人同士になる前から

まばゆい想い
うずく葛藤と喜びも
風のように回路を過ぎ去る
ひとつひとつ
大切だよとつぶやいて
鍵を閉めたんだ
はじまりに期待を馳せて

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

ハート

出典: snapmart.jp

たとえば過去に


あなたについた傷


だれかが


小さなことだと言い


すれ違って去っていく


その時


あなたの感じた気持ちは


なにより本物だと


だれかの声より


大きくかけたい


寄り添いたいと内側から

真意

出典: snapmart.jp

さみしくてスマイルした


かなしみの膿はふくらんだ


痛みをじっと


のぞいてみると


ぽっと火がついて


消えた


発見したのは


ギフトと一緒に


起きたことだけ


たしかに残っていた


隠しても隠しても


消えなかった真意のよう

サイクル

出典: snapmart.jp

夏の暮れに


遠くの道で


風鈴の音が小さくなった


夜は長くなる


虫の音は


秘密を囁きだしていた


意識しないタイミングで


成熟した実は


到来するだろうから


回り合わせを


心に秘めたまま


流れる暮らしを送る

出典: snapmart.jp

夕日がフェンス越し


突き抜けて輝く


フェンスの網目


指先を大きくひらいて


バラバラとなぞる


音を立てながら


ピアノを弾くように


腕を動かした


なにかエネルギーを


持て余すように


先見の予感


見つけながら走りだす


大きな波を描きながら

恋について

出典: snapmart.jp

あたりまえに


忘れてしまう


わたしたちは


この美しく怖い世界で


恋している最中


すべての終始は


どうしようもなく現実


色褪せない空の下


なんどでも


なんどでも


目が開くような


恋に落ちていく

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

59,814 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new