あなたがいた旋律

me

四重奏

Photo by あーちゃん

国道に続く


川沿いの道で


サクソフォーンの


四重奏


ラフマニノフ


不揃いのエチュード


ソプラノの音色が


耳に残った


マザー・テレサが


最期の時を待つように


沈みゆく船に


想いをゆだねて

小さな願い

Photo by あーちゃん

思い描いていた


未来とは違う


それはもう


過去のこと


これから先の未来


波音のように


受け入れていたい


もしもあなたが


この花を


受け取ってくれるなら


もう涙は流さない


もう何も恐れない


きっと大丈夫


小さな願い


めぐり合う季節

光と影

Photo by あーちゃん

あなたの胸に


この輝きを


届けたくて


手の平を広げて


つかもうとした


光の射す場所


もう二度と


失いたくない


あなたの笑顔


もう一度


繰り返してもいい


ためらいの中の


二人の影を

冬に咲く花

Photo by あーちゃん

浮かれた街の


恋人たちから


遠く離れて


孤独の道


冬に咲く花は


あなたの涙を


包み込む


決して古びない


その悲しみは


いつか宝石になる


時を刻む


秒針のように


進むべき道


間違えること


あなたとなら


きっとないと思うから

opus

Photo by あーちゃん

午後の特別授業は


・恋と愛について


彼女は言う


「恋は諦められるけれど


愛は挫けることはない」


恋はさなぎで


愛は蝶なのだと


人気の消えた校庭


なぜ分かるというの


さなぎは蝶になるとき


何もかも


変わってしまうというのに


あなたとわたしのこと


なぜ分かるというの

帰りのホームルームは
氷のように静かだった
窓の外の景色は
昨日とは何もかも違う
明日も明後日も
永遠に戻れない
あなたはきっと
太陽の元を進む旅人
わたしはきっと
深い霧に怯える蛍

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

あなたの暮らす街

Photo by あーちゃん

あなたが選んだ道を


わたしも一緒に進みたい


この空の果てをも越えて


あなたに辿り着きたい


指先が触れた思い出も


届かないほど遠い場所でも


あなたがこれから


暮らす街のどこかで


あなたの刻むメロディーが


流れる場所があるのなら

タイムマシン

Photo by あーちゃん

地平線の向こう


白亜紀を夢見てる


6600万年前


タイムマシンで


行けたらいいのに


そこには


四重奏があるのかな


叶わなかった


アンサンブル


2人の夢が


叶う未来が


あるのかも


しれないね

別れの旋律

Photo by あーちゃん

夜の北校舎


サクソフォーンの音色


噛み過ぎのアンブシュア


あなたなのね


4階に続く階段で


冷たい壁に頬をあてた


グリンカの夜想曲


別れの旋律


夜の北校舎


あなたなのね


噛み過ぎのアンブシュア


どれだけ涙を流しても


コモドの発想記号


もうあなたに


会うことはないのね

朝の光

Photo by あーちゃん

あなたに会いたくて


偶然を装い


わざと遠回りの


私鉄に乗った


あなたはいつも


7号車に乗ってくる


あなたを待った


ついこの間までの過去


今はもう


朝の光に溶けて


跡形もないというのに


わたしは今も


私鉄に乗って


7号車で


窓の外の光に


目を細めてる

クロール

Photo by あーちゃん

そして海に出る


まぶしい日射しの中


クロールで進む人波


あなたが奏でる旋律は


もうどこにもないけれど


いくつもの偶然が


あなたとわたしをつなぎ


いくつもの偶然が


あなたとわたしを遠ざけた


でもきっと


きっと歩いていける


蛍の光はまだ


聞こえていないから


別れの言葉はまだ


聞こえていないから

fin d’un début
ある始まりの終わり

○掲載されている写真の著作権は全てあーちゃん様に帰属します。
○制限規定の範囲を超える利用は、著作権者の許諾を得る必要があります。
著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)

一かけらの今

54,719 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new