あなたはその大きな手で髪を撫でる

あなたはその大きな手で髪を撫でる
te

月の満ち欠け

出典: unsplash.com

わたしとあなた


風のはじまりと


風の終わりくらい


違う場所で息をしてきた


あなたの方が少し多く


月の満ち欠けを数えたよね


迷い込んでも


そっと救い出してくれる


優しい月の満ち欠けを

見えない青

出典: snapmart.jp

同じ色が続く映画を


じっと見ていると


セピアに巻かれて


何か大切なことを


忘れているんじゃないかって


不安になるの


だけどあなたが隣にいるだけで


見えない青に飲み込まれても


何も聞こえなくても


ただ、今が大切なんだってわかる

空に生えた樹

出典: snapmart.jp

小さな指で


空に生えた樹をつまむ


白昼夢の淵にいるみたい


少し冷めたミントティーに


昨日の会話を浮かべたら


また湯気がたちのぼった


ウェッジウッドの中で


何度もあなたの声を再生して


目を閉じる


心の輪郭を撫でるような


あなたの優しい声

デカルコマニー

出典: snapmart.jp

好きな色だけじゃもったいない


似合う色だけでももったいない


時々あなたは


子供みたいに大胆になる


立ちすくむ私のことさえ


簡単にさらってしまう


たくさんの色に想いをこめて


デカルコマニーみたいに


2人の形を写し出すの

カイト

出典: unsplash.com

目がくらむブルーに


気ままなカイトを泳がせて


そのまま季節を越えるように


どこまでものぼっていった


声が届かない場所は


宇宙とどれくらい近いかな


突然の風に揺られても


ピンと張り直す糸の感触

わたしとあなた
見てきたものは違うけど
同じ言葉をしゃべる
わたしがいないところにも
あなたはいたけど
ずっと待っててくれたような
懐かしさの籠を携えて

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

日時計

出典: snapmart.jp

いつからか


同じ太陽が朝を告げることを


知っていたけど


それは何歳の頃だったろう


日時計がめぐる


あなたの影はいつも


わたしを包むように寄り添っている


振り返りながら


歩幅を合わせながら


不安げなわたしのことを


じっと見つめながら

blue day

出典: snapmart.jp

どんなに唇に力を入れても


こぼれてしまう涙がある


どんなに笑おうとしても


心に砂が溜まっていくような日


そんな日はたった1人


部屋に閉じこもって


あなたの顔を思い出す


笑顔もいいけど


何かを考えて1人の世界にいる


そんなあなたの横顔も好き

新緑の街

出典: snapmart.jp

花は幻みたいに


すぐに新緑が街を塗り替える


あのむせかえるような


緑の香りの中を


2人で歩いて行く


同じ空気を吸っている


同じところで笑う


指の背と背が触れたら


それは愛しさの合図

かかと

出典: snapmart.jp

わたしの心に雨が降りやすいこと


たまに冗談を信じてしまうところ


乾いた場所と譲れない場所があること


あなたはお見通しだった


わたしはまだまだ


あなたに届かずに


ぐっとかかとを上げている


それをなだめるように


あなたはその大きな手で髪を撫でる

レースフェーベル

出典: snapmart.jp

意味のない秒針はなかった


全部あなたに繋がっていた


緑の街をくぐって


風の強い日も


笑えない日だって


隣を歩けますように


旅立ちの朝


未来がチラチラと光っている

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

54,718 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new