数えきれぬ旅立ち

恋愛詩集

はじまりの空

出典: unsplash.com

優しい朝日


新しい風


初めての道


はずむかかと


空に踊る桜


鳥たちが唄い


春の鐘が鳴る


そこにいたのは


まだ恋を知らないわたし

出典: unsplash.com

夏の坂道


爪先を眩しく照らす


思いきり駆け出す


想いがこぼれないように


耳まで届く心臓の音


空に浮かぶ入道雲


大きな影でわたしを隠して


誰にも気づかれぬように


誰にも悟られぬように


穏やかな日々が


鮮やかに色づきだし


わたしはただ一人


涙し立ちすくむ

真夜中のダンス

出典: snapmart.jp

一歩踏み出すたびに


ふわりと足が浮かぶ


あなたを想うたびに


心が踊りだす


海の水面が揺れるように


風と唄うさざ波のように


聞こえるのは


月の歌声


紺色のカーテンにつたう


幾千の星


目をつぶれば


きっとまたわたしは


気づいてしまう


あなたへの想いに

小さな魔法

出典: unsplash.com

木漏れ日が香る


頬をなでる風


小さな手のひらに描く


3回のジンクス


あなたは知らない


こっそりとかけた秘密の魔法


心を揺さぶる


あなたの笑い声


こんなにも近いのに


縮まらない数メートル


握りしめた手のひらには


あなたへの「大好き」

待ち合わせ

出典: snapmart.jp

恋を知った


愛を知った


この世はこんなにも美しい


いつもの駅のホーム


あなたを待つ幸せ


あぁ、どうしてこんなにも


ゆっくりと時は進むの


改札の音がするたびに


わたしの小さな心がはずむ


あなたはきっと知らない


あなたの「おはよう」が


こんなにもわたしの心を


満たすこと

あなたが笑う
声がはずむ
繋いだ手を離さないで
どうか神様
ずっとずっと
このままでいさせて
あなたがいい
あなただけでいい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

秘密基地

出典: snapmart.jp

ずっとそばにいて


繋いだ小指


夕暮れの図書室


2人だけの秘密基地


あなたの温かい腕の中


一緒に描いた未来の約束


凍てついたわたしの心を溶かす


あなたの優しい瞳


終わらないで


まだそばにいて


甘くわたしを包みこむ


幸福の空

哀しみの結晶

出典: unsplash.com

探し求めた


魂のかけら


ぴったりとはまる


運命のかけら


やっと見つけた


そう思ったのに


いつしか小さくなって


いつしかはまらなくなって


それはまるで


手のひらに落ちた


淡い粉雪


ひらりと舞い散る


哀しみの結晶

終わりの時

出典: snapmart.jp

あなたと歩く川沿い


おそろいの手袋


先を歩くあなたの背中


その暖かさをわたしは知ってる


だけど


揺れる木々が


灰色の雲が


空を舞う鳥たちが


優しく揺れる鐘の音が


終わりの時を告げている


お願い神様


あと少しだけ

伝えられなかった言葉

出典: snapmart.jp

初めて見たの


あなたのあんな表情


わたしはついに


届かなかった


あなたの心に


触れられなかった


あなたの日だまりのような


優しい瞳


そのぬくもりに


ずっと甘えていたわたし


もっと伝えればよかった


もっと与えればよかった


はらはらと舞い落ちる桜の花


今はただじっと


見つめるだけ

新しい朝

出典: snapmart.jp

伏し目がちな横顔


ふわりと香る洗い立てのシャツ


遠くで鳴る始業ベル


木々のざわめきに抱かれ


世界の音が消える


数えきれぬ旅立ちに


あなたと二人きり


ただ空の中だけでは


どうか優しいぬくもりを


どうかこのまま伝えてね


夜に願うのは


穏やかな余韻


朝には笑えるように


少しだけ踏み出せるように

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

164,313 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new