レモンと氷砂糖の休日

me

うっかり

出典: unsplash.com

いつのまにか


わたしの恋人は


遠くの街に


行くそうよ


それとはなしに


ふいに


寄りかかっただけの


恋だから


ビターキャラメルの


くしゃっとした


包み紙を


せいぜい


のばすの


どうやら


うっかり


愛してしまったようです


いつのまにか

好きな時間

出典: unsplash.com

パンケーキと


ホットケーキの違い


わたしの好きな話


ふくらまないね


あなたは


冗談ばかり


だから


デニム色の


ランチョンマットを


ならべて


一本しかない


バターナイフを


交互に使うの


バターたっぷり


先に使ってね


わたしたちの


好きな時間


ケトルの終わりの


音がした

ここからの距離

出典: unsplash.com

遠くないよ


あなたの口ぐせに


いそいで手を


のばして


たしかめるの


ここからの距離


恋が顔を


のぞかせたら


あなたとの距離


まるで足りないよ


どうか


まだ来ないでね


凍える手を


すり合わせたのは


永遠の願い

平気なふり

出典: unsplash.com

夜がきたみたい


じっと見つめるの


あなたの靴


夕日がまぶしい


ウソをついた


じっと見つめるの


あなたの


お気に入りの靴


だって


想像できるでしょ


そんな顔しないで


きっとあなたは


平気なふり

カレンダー

出典: unsplash.com

もしもこの世界を


ふたつの形で


表すなら


きっと


マルとバツ


わたしの救いは


カレンダーに


書き留められた


ひとつしかない


マルで


マルの次は


バツしかないのね


こんな


明確なマーク


誰が


思いついたのかしら

この世界の中の
どれだけの言葉を
かき集めたら
何かが
変わるのでしょうか
きっとそれは
二人にも
わからないこと
二人にしか
わからないこと

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

灯火

出典: unsplash.com

夜の静けさに


おぼれてしまったの


こんなに


冷たくて


ほろ苦く


壊れやすい


ものだなんて


あなたの温もりを


知らなければ


凍えることさえ


なかったのに


濡れた手で灯すの


淡いキャンドル


あなたのところまで


届きますように


灯火のような


星空

声の温度

出典: snapmart.jp

やさしい風が吹いた


気のせいでしょうか


切りたての前髪を


気にしてたの


あなたの声が


耳に触れた気がした


目じりのしわを


手の硬さを


声の温度を


やさしい風が吹いた


わたしは忘れっぽいのに


気のせいでしょうか

holiday

出典: unsplash.com

たぶん


「そばにいたい」


コットンの


トートバッグから


本を取り出して


ぴったりの言葉を


見つけたわ


わたしの探しものは


レモネードの香り


消え入りそう


どうかあなたも


このholidayに


気づきますように

強がり

出典: unsplash.com

いつもの帰り道を


少し遠回り


あなたが


いないんじゃない


わたしがあなたの


そばにいないだけ


そんなふうに


考えてみたの


窓辺に置いた


モンステラに


日がさして


まぶしい朝日で


目が覚めたの


こんな日に限って


あなたがそばに


いないなんて

花言葉

出典: snapmart.jp

あまりに


咲きこぼれる


ため息に


花言葉を


つけることにした


「乙女の感傷」


「恋煩い」


「切望」


忘れていたことが


たったひとつだけある


「未来への望み」


少し


笑みがこぼれた

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

67,221 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new