難破船|恋愛詩集 by 笠原メイ

恋愛詩 失恋が辛い
見つめる

出典: snapmart.jp

ブルーハーツを聞いた耳に
ボブディランを聞いた耳に
優しい魔法をささやいてくれた
はちみつのように甘い声で
冬を忘れていった彼女と
夏を思い出した僕
愛ってこんな形をしてたんだね
なんだか切ないけれど
線香花火の残り香がついた服で
どこまでも走ってゆけるよ

ただの言葉

出典: snapmart.jp

君が今まで話したことが
全て嘘でも構わないよ
二度と笑えなくても
君は可愛い
傷ついたこと、悲しかったこと
頑張ったこと、叶わなかったこと
何も喋らなくていい
寂しさに任せて
体温を交換しよう
血液を交換しよう
星空に溶ける声
愛してるなんて言うな
そんな言葉ただの言葉なのさ

私の夢

出典: snapmart.jp

アンドロメダの指輪を交換して
虹色の花が咲き乱れる丘
甘いカフェオレみたいなキスをした
私は目を閉じなかった
王子様のさらさらした前髪の隙間に
カシオペアが瞬いていた
触れることのできない場所が
よりいっそう愛おしいわ
これが夢でも構わないというのが
本当の夢なんだって思うの

透明の花

出典: snapmart.jp

悲しいと思ったことなんて
一度もないわよって彼女は笑う
だからもうあんまりくよくよしないでねって
路地裏の猫のように姿を消した
夜中に電話が鳴ることもなくなった
でも彼女が吸ってた煙草の香りだけ
僕の周りに漂っている
まるで透明の花のように
優しさって嘘をつくことなのかも

賢者

出典: snapmart.jp

世界で一人しかいない君と
世界で一人しかいない僕が出会い
そして恋に落ちた
隕石が降ってくるように
抱きついて求め合ったミッド・サマー
魔法は使えなくても奇跡は起きた
ほんの一秒で人生は変わる
運命も神様も君の瞳の中にあったんだ
それに気づいただけ
僕は賢いと言えるだろう

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

難破船

出典: snapmart.jp

夏の朝の海水くらいの
冷たさで僕を突き放した
彼女の微笑みは猫そのもの
錨をなくした僕は
それからずっと難破船のまま
焼肉を食べても砂の味
夜もうまく眠れない
でもいつまでも
くよくよしてはいられないし
携帯電話をゴミ箱に突っ込んだ
天国か来世でまた会おう
そんときはよろしく

例えるならば

出典: snapmart.jp

ねぇ、私のこと、どのくらい好き?

今まで地上に降った雨の量くらい好きだよ

他には?

キングコングを一撃で倒せるくらい好きだよ

他には?

宝石で出来たメリーゴーランドくらい好きだよ

他には?

120分のカセットテープに全部
君の声を録音してほしいくらい好きだよ

さよならの味

出典: snapmart.jp

一個の林檎を二人でかじった
あの海辺にもう希望はない

一本のキャンディを二人で溶かした
あの小麦色の丘にもう光はない

一枚のレコード盤を二人で踊った
あの四畳半にもう夢はない

一匹の猫を二人で撫でた
あの狭いベッドにもう愛はない

さよならの味
以外
消失してしまった

HERO

出典: snapmart.jp

世界中の信号機が赤で止まっても
僕は君に会いに行くよ
エイリアンが襲撃してきても
UFOを奪って君と逃げよう
教会が全てゴミ箱でも
君は僕を信じればいいんだよ
太陽が落っこちてきても
僕がホームランを打ち返してあげる
神様に差別されても
君と僕はいつまでも笑っていよう

ドレミやファソラがシドする夜に

出典: snapmart.jp

ドの上で 飛びはねて
レの上で 手をにぎる
ミの上で 見つめあい
ファの上で 抱きしめる
ソの上で 踊ろう
ラの上で 指輪して
シの上で くちづけ
ドの上で 結婚しよう!

fin d’un début
ある始まりの終わり


作者: 笠原メイ
Twitter: @higuchimasakazu

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は 笠原メイ 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

286,570 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new