午前三時のフィルム・ノワール

恋愛詩集

歩幅

出典: unsplash.com

掴むあてを


失った手は


行き場を失くして


彷徨った


貴方との距離は10cm


夕日が二人に


影を落とし


小さく揺れた


別れ道に


背を向けるように


今日も回り道をする

深海

出典: snapmart.jp

二十二時


ヘッドホンで


世界を遮断して


雑多なネオン街に


足を踏み入れる


目に痛い


無機質な光は


他人行儀で


かえって心地良い


夜の海に


身を委ねながら


溺れていく


こんな時にも


貴方の顔が


ちらつくなんて


——この想いごと


夜に消えればいいのに

戯言

出典: snapmart.jp

境内には


二人きりの世界


煌びやかな提灯との


コントラスト


幾分か粧し込んだ


横顔は


どうしようもなく


美しくて


また惚れ込んでしまう


「貴方の好きな人に


なれたらいいのに」


小さな呟きは


神さまの耳に


入っただろうか

逃避行

出典: snapmart.jp

新宿駅で見つけた


鎌倉行きの文字


まばらに車内に乗った人は


これから何処かに


帰るのだろうか


気づけば潮の


匂いの中に


佇んでいた


道しるべは


遠い三日月


帰る場所を失った鳥は


果てない空の下で


震えている


二十三時四十五分


貴方への遺言

女心

出典: unsplash.com

「貴方を独り占めしたい」


なんて


可愛くない独占欲


これでも必死なのと言えば


貴方はどんな反応をするかしら


醜いあたしを


深く沈め


貴方にそっと


口づけをした

夜空に咲く花に
世界は目を
奪われている
貴方の子供のように
目を輝かせて
無邪気に
はしゃいでいる姿を見て
不覚にもそれが可愛いなんて
思ってしまったり
取り残された
二人のことなんて
誰も見てやしない
だから今日だけは
暗闇の中で固く
貴方の手を握った

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

午前三時

出典: unsplash.com

灯りのない部屋


壊れた暖房は


少しも身体を


あたためてはくれない


冷たいフローリングは


私の体温を徐々に


奪っていく


外で強く吹く風が


窓を鳴らした


心に隙間風が吹いた

聖夜

出典: unsplash.com

貴方から貰った


白いマフラー


ちらつく粉雪が


私の頬をひと撫でした


「貴方がいたら


もう少し温かかったのに」


らしくもないと思いながら


けれど


これからの時間に期待して


今日は


ホワイトクリスマス

誘惑

出典: unsplash.com

甘ったるいチョコレート


ラム酒の甘美な香り


貴方を陶酔させるには


十分すぎるけれど


私の手元には


不恰好なボンボンショコラ


デパートで見た


綺麗なものとは違う


それでも精一杯の


想いを込めて


赤色のリボンで


蓋をした

鴇色

出典: unsplash.com

胸元につけたコサージュ


貴方と歩く最後の帰り道


光に照らされた横顔を


気づかれないように


盗み見る


澄んだ空が


ピンク色に染まった

アルバム

出典: snapmart.jp

真剣に


何かを


見据えている


横顔


花が咲いたように


笑う顔


どれも私の


お気に入り


カシャリという音


昔は


重いと思っていたカメラ


淡い恋と


フィルム

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

149,803 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation