頬を伝うノクターン

me

色彩のダンス

出典: unsplash.com

揺れる電車


隣にあなた


眠たげな顔で


目を閉じたのは


少しでもその肩


触れたかったから


薄目を開けると


逃げ際の夕日


息を飲むような


色彩のダンス


ただ眺めていた


うつむくほど


うららかな春の日

恋する少女

出典: snapmart.jp

遠回りの帰り道


頬をくすぐる


ボブの毛先


落ち着かなくて指あそび


わたしずっと上の空


話したいこと


ただ一つなのに


触れられそうで


触れられない距離


実りそうで


実らない思い


何だか似ている


なんてね


わたしまるで


恋する少女

水槽の魚

出典: unsplash.com

色とりどりの


水槽の魚と


優しい青色


無機質な光


待ちわびた冬の日


始まりは


終わりへの序曲


時間よ止まれ


あなたに見つめられて


魚は跳ねる


羨ましいな


ぽつりこぼした


あなた今日も


聞こえないふり

大人ごっこ

出典: unsplash.com

最後の思い出


せめてかわいいわたしで


背伸びした靴擦れ


褒めてもらった爪の先


遠くなる背中


現実を疑ったまま


泣けなかったことも


あの日の続きも


あなたは知らない


でも


安心してね


わたしきっと


あなたが知ってるよりも


ちゃんと大人だから

湯気

出典: snapmart.jp

ココアに隠した


言えない気持ちは


白い湯気


混じって消えた


ふらりふらりと


行ったり来たり


あなたに届けようとしては


わたしの元へ帰ってくる


いつの間にか


抱えきれないほどに


膨れ上がったそれは


いつかあなたに届くでしょうか

苦いコーヒー
靴濡らす雨
灰色の朝
あなたといると
嫌いも全部
好きになる
今日こそは
息を吸い込んで
どこかに答えがあると
今だけは信じていたい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

秘密

出典: unsplash.com

賑わいの街


遠くから見えた


わたし探す横顔


些細な喜び


焼き付けるよう


しばらく見ていた


揺れるイヤリング


付けたてのチーク


鏡の中


今日のわたし


きのうより


少しかわいい


秘密の高鳴り


あなたにはまだ届かない


いつかはきっと


いつかのまま

海の底

出典: unsplash.com

ひとりぼっちの真夜中は


まるで海の底みたい


低い温度


息苦しくて


頼りないくらい


弱い光


誰にも聞こえないように


静かに泡を吐き出して


ただひっそり


あなたの幸せを


願い続けるの


たとえあなたの隣に


わたしがいなくても

欠けた月

出典: unsplash.com

三日月が好きなのは


諦めきれないわたしと


何だか似ているから


伏し目がち


頼りない光


完璧を夢見てる


あなたの優しさで


足りないわたしを補うの


はみ出した手紙と


物憂げなわたし


あなたに選ばれたくて


今日も待ってる

出典: snapmart.jp

ふたり歩く夜明け前


回る景色は水彩画


息を飲むほど美しく


沈黙の音色さえ


耳をすませば聴こえそう


ねえ


実はね


わたし


あなたのこと


言いかけた後


ぱちんと音を立てるように


目が覚めた


ベッドの上で


わたしはひとり

午前六時

出典: unsplash.com

あなたの色は


わたしを照らす


夜の灯台みたい


気だるさと偏頭痛


今もまだ


体の一部のよう


何年経ったら


あなたの色を失うんだろう


ぼんやり窓を開けると


乳白色の空と


ぬるい紅茶の琥珀色


午前六時のコントラスト


風に吹かれたら


聞こえた気がした


「どうか忘れないで」


あれは


わたしの声だったのかな


いいえ、たぶん、きっと


夜明けに向かう


渡り鳥だわ

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

54,718 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new