同じくらいの優しさ

花のように

夕焼けのせい

出典: unsplash.com

夕焼けが反射する図書室


誰も居ない空間は


あなたと私のために


作られているみたい


涼しくて清潔で


夏の夜みたいな独特の香り


ここで好きって言ったら


どんな顔するだろう


あなたの目が赤く見えるのは


夕焼けのせい

たった一人の掌

出典: snapmart.jp

新しいシューズ


新しいペン


それでも満たされないなんて


よくばりだなと思う


どんなに願っても


なかなか手に入れられない


本当に必要としているのは


たった一人の掌


あなたの掌

青を掲げる

出典: snapmart.jp

空の青と


海の青は


少し違う


そう言いながら


絵の具を混ぜる姿を


焼き付けるように見つめた


母なる海というくらいだし


少しくらいは私にも


青が入っていると思うよ


あなたはその言葉に笑って


誇るように


また青を掲げた

後世に残したい

出典: snapmart.jp

校庭を駆けるあなたの


日焼けした脚


夏の樹のように


活発な笑い声


強い日差しを受けて


ぐんぐんと風を切る髪


あなたを形作る全てが


映画みたいに完璧で


あぁ、この瞬間を絵に描いて


後世に残したい

この想いが届かなくても

出典: snapmart.jp

この想いが届かなくても


星は夜の配置につく


世界になんの変化もなくて


ありふれた日常が


また淡々と巡ってくる


そう思うと少しおかしくて


小さく息が漏れた


悲しいんじゃなくて


寂しいのでもなくて


その途方もなさに


目が回るだけ

あなたのこと
ネモフィラみたいだと
ずっと思ってた
あなたの好きな色だし
空に向かって
まっすぐと咲くから
私にはその凛々しさが
たまに眩しい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

始まりの色

出典: snapmart.jp

シャガールの絵みたいな


幻想的な恋をしていた


淡さと


鈍さと


相反する孤独


白い素朴な壁にかけられた


その絵画を見て


いつも私は


始まりの色を探していた

あなたの手で終わらせて

出典: snapmart.jp

瞼を閉じた暗闇の先


浮かび上がってきたあなたが


楽しそうに首を傾げる


アルタイルの話をしよう


ベテルギウスは知っているかな


あなたに合う星の名前を


いくつか考えていたのに


気が付けば夢の中


空想の宇宙旅行を


あなたの手で終わらせて


あなたの手を握らせて

果てない余白

出典: unsplash.com

ノートに書いた「愛」の文字が


白紙の空を駆け出して


馬のようにも


鹿のようにも


気高い山羊のようにも見える


音も出さずに


とても静かに


果てない余白を駆け回ってる

どうか100年後に届けて

出典: unsplash.com

校庭の隅に


ひっそりと佇む大木


両手を広げて


私を迎え入れてくれる


こすれる葉っぱに


蒼風を受けて揺れる影


このたくましい木に


言葉をひとつ


聞かせてあげる


どうか100年後に届けて

同じくらいの優しさ

出典: snapmart.jp

窓から見えるサクラ


風に運ばれる純白の雲


しゃらんと音を立てて揺れる


薄黄色のループカーテン


この気持ちのいい午後を


どうにか丸めて


ポケットに詰めて


あなたに届けられたらいいのに


優しいあなたには


同じくらいの優しさをあげたいから

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

150,856 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation