笠原メイさまの恋愛詩10選♡一秒一秒を大切にしたくなる恋の詩をお届けします!

笠原メイさまの恋愛詩10選♡一秒一秒を大切にしたくなる恋の詩をお届けします!
花のように

笠原メイさまの恋愛詩は、一瞬も永遠も同じくらい大切にしたい、そんな気持ちにさせてくれる名作ばかりです♡ぜひみなさまも笠原メイさまの恋愛詩集を読んで、恋する気持ちの切なさに想いを馳せてくださいね♡

夜の言葉

出典: snapmart.jp

僕の白くて細い腕では
お姫様だっこもできないけど
君の傍から離れないよ
全ての悲しみから守りたい
1秒も寂しくはさせない
海よりふかく愛してる
星よりたかく愛してる
夜ごと、街ごと、
惑星ごと、綺麗ごと、
独り言、泣きごと、寝言、
ゆっくりおやすみ

白い息

出典: snapmart.jp

一番冷たい場所が好きで
一番優しい場所が嫌いだった
君をほっといて悲しくさせた
僕だけが君を守れるのに
僕を否定してボロボロにした
君だけが僕を救えたのに
ベティは猫になりゾーイは青になり
君は結婚して僕は何にもなれず
ありがとうもさようならも
白い息と共に星空に溶けた

Broken

出典: snapmart.jp

壊れた世界で
指を絡める
壊れた二人の 
壊れた笑顔

壊れた世界で
キスをする
壊れた二人の 
壊れた涙
  
音も言葉も消えて
狂気の闇に飲み込まれても
愛だけは壊れなかった

レンタル

出典: snapmart.jp

寂しさに慣れることが強さなら
弱いままでいて
恋人よ、お前の胸で眠りたい
だらしない人ねって笑ってくれ
悪い王様の命令で
夜がふたりを引き裂いても
羽を切り落とすことはできない
月まで飛んでいける
体も言葉も神様からのレンタル
いずれ返却日がやってくるが
この愛だけは渡さない

37°2

出典: snapmart.jp

恋は同じ熱病を患った冬の街灯

恋は猫の胃袋で燃える花

恋は透明の首飾りと寒い王冠

恋は美しい過ちの真っ最中

恋は足のつかない深いプール

恋は天使の甘い寝言

恋は舐めても溶けないキャンディ

恋は音楽のない場所のダンス

恋は八色目の虹

愛は37°2の世界

それ以外に何もいらない

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

イチゴミルク

出典: snapmart.jp

コインランドリーで雨宿り
ふたりだけの潜水艦
君はコンビニ袋から牛乳を出して
可愛い唇を尖らしてストローで吸う
そして僕に赤いキャンディくれる
袋を破って口に入れると
舌の上に苺の甘みが広がった
今、君とキスをしたら
イチゴミルクの味がするのかな
そんなことを考えていた

手を振って

出典: snapmart.jp

じゃあまたねって
駅で別れるとき
いつも彼女は僕が改札を抜けても
笑顔で手を振っていた
下りのエスカレーターに乗って
顔が見えなくなるまで
手を振り続けてくれた
そうゆう人と
何年も付き合っていたから
僕には振り返る癖が
ついてしまったんだ

君らしさ

出典: snapmart.jp

君の正しさが僕を嘘つきにする
君の優しさが僕をわがままにする
君の美しさが僕を狂わせる
君の可憐さが僕を不安にする
君の笑顔が僕をぺしゃんこに潰す

つまり、君の君らしさが
僕を僕らしくなくすんだ

一秒

出典: snapmart.jp

明日一秒でいいから君に会いたい

一秒あれば何でもできる

一秒で見つめ合い

一秒で花束を贈る

一秒で歌ってあげる

一秒でほっぺにキスする

一秒でチョコを半分に割る

一秒で階段を一段あがる

一秒で指輪を嵌めて

一秒で強く抱きしめて

一秒で永遠を誓う

一秒で99回愛してる

夕子

出典: snapmart.jp

繋いだ手が風で離れて
東京の人ごみに飲み込まれてゆく
溜息をつく暇もなく
また2分後の電車に乗る
「夕日がとても美しい日に生まれたの私」
その時、唇の動きが寂しかった
夕子、愛なんだ
君が何と呼ぼうとも
忘れないでくれ
愛が世界を動かしている
それなしでは何もできない

fin d’un début
ある始まりの終わり


作者: 笠原メイ
Twitter: @higuchimasakazu

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は 笠原メイ 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

150,853 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation