雨粒をすくい、虹をかける

雨粒をすくい、虹をかける
hana

出会い

出典: snapmart.jp

春がひらひら舞い落ちた


川沿いの菜の花


ピンク色の絨毯を


そろり、そろりと歩く


初めての満員電車


初めての教室


期待と不安で高鳴る鼓動


そこにあるのは陰か陽か


窓辺に木漏れ日が注ぐ


そう


モノクロームの世界に


あなたが彩りを添えた

躍動

出典: snapmart.jp

退屈な日常にサヨナラ


私の細胞は躍動する


あなたの声に、視線に、指先に


トクン、トクン、トクン


のどかな午後


どこからか聞こえる


ノクターンのメロディー


私は瞳のシャッターをきる


ファインダー越しのあなた

想い

出典: snapmart.jp

遅めの朝食とミントティー


ウェッジウッドのカップが


淡く染まる


週末は寂しい


静寂と相反する欲望の叫び


満たされることのない乾き


ゲーテの詩集を片手に


今日も想いを馳せる


欲張り


あなたが作る陽だまりを


ひとり占めしたいの

アフォガード

出典: unsplash.com

あなたの視線の行き先


知らんふりして


気づかないふりして


両手でギュッと


目隠ししてるの


空はどんより下り坂


立ち込める暗雲に


ため息がこぼれる


あの子はどう映るの?


私はどう映ってる?


バニラアイスにコーヒーかけて


私の恋は


甘くて苦い

深海

出典: snapmart.jp

落ちていく


重力に逆らえないように


沈みゆく


果てしない深海へ


花も、風も、光さえも


無味へと変化した


そこにあるのは漆黒の闇


2人の後ろ姿が


執拗に私を苦しめる


見つめ合わないで


触れ合わないで


私の声はかき消され


あてもなく浮浪する

走っては転び
起き上がっては走り出す
絆創膏だらけの恋
行く果ては
迷霧
どこにいるの?
どこに向かっているの?
叫ぼう
声高らかに
叫ぼう
ありったけの想いを

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

ピエロ

出典: unsplash.com

幼い恋心は


小さな箱に仕舞い


鍵をかけよう


醜悪な心は


幾重にも包み


可愛らしくラッピングしよう


メイクを施し


赤い鼻をつけ


私はピエロになろう


泣かないわ


あなたのために


笑っているわ


自分のために

残響

出典: unsplash.com

放課後の帰り道


バイバイ


バイバイ


子どもたちの残響


大きな夕日が


あたり一面を茜色に染める


公園のベンチは指定席


イチョウの葉も散ってしまった


人づてに聞いた


しまっていた想いに


再び宿る痛み

一筋の光

出典: unsplash.com

物憂げな横顔


うつむくまつ毛


乾いた唇


凍てつく夜には


全てを包み込みたい


震える指を


握りしめたい


何を求め


何をつかむ


この旅路はまだ終われない


あなたの一筋の光に


私はなりたい

80センチの距離

出典: snapmart.jp

口に出したら


崩れ去る


脆く儚い砂の夢


臆病なウサギは


前にも後ろにも進めない


願いをそっとつぶやくの


ピアニッシモのささやき


手を伸ばしたら


届きそう


80センチの距離

花束

出典: snapmart.jp

戦場に向かう戦士は


望郷の念を砕く


恐れず踏み出す


一歩一歩


ちっぽけな私は


手のひらほどの勇気を


握りしめた


雨粒をすくおう


虹の欠片をつかもう


明日あなたに届けるわ


胸いっぱいの花束を

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

68,213 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new