微笑みは帰らない

見つめる

夕暮れの並木道

出典: unsplash.com

2人でよく歩いた


並木道


あなたは散歩が


好きだったよね


2人で手をつないだ


並木道


すっかり日が暮れて


いつのまにか


私たちの仲も


暮れてしまった


いまは1人で歩く


並木道


偶然でも


あなたに会いたい

あの日から

出典: unsplash.com

あの日から、ずっと好きです


じっと見つめていたい


あなたの横顔


その笑顔のきらめきを


じっと聞いていたい


あなたの声


そのメロディを


あなたと目が合う


私はあわててうつむく


微笑みを残しながら

カクテル

出典: unsplash.com

あなたはバリスタ


私は出されたエスプレッソを飲む


どんな感想を述べても


あなたはただ微笑むだけ


もっと話してみたいけれど


話す資格がない


思い切って見つめてみても


あなたはただ微笑むだけ


あなたと私の間にある


境界線はいつも同じ長さ


バリスタとお客さん


それが私とあなたの関係

可愛いね

出典: unsplash.com

始めて言ってくれた


可愛いね


聞くたびに笑顔がこぼれた


可愛いね


感動が消えてしまった


可愛いね


いつの日か


愛されることは


当たり前になっていた


散る花のように


あなたは消えた


思い出すたび涙ぐむ


あなたの声


可愛いね

帽子よ消えろ

出典: unsplash.com

強い風がふいて


あわてて押さえたけど


ビュンと音を立てて


帽子は飛んでいった


あなたは、一生懸命探してくれた


あなたのやさしさに戸惑う


私のことが好き?


それとも彼女のことが好き?


「あったよ」


満面の笑みを浮かべて


あなたは帽子と一緒に


戻ってきた


帽子なんていらないのに


やさしさなんていらないのに


私はただ帽子を手に取って


泣いてしまいそうな気持ち

「髪の毛切ったんだね」
そんな一言が言えない
だってあなたを見ていること
誰にも内緒だから
もちろんあなたにも
そっと心の中で言う
「似合ってる」
心の中のあなたは言う
「ありがとう」
とても似合っているよ
大好きだよ
部屋の中で一人
声に出して言ってみた

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

二人が終わる

出典: snapmart.jp

「好きな人ができた」


「別れたい」


「もう会えない」


あなたの視線は


喫茶店の外を見ている


私のことは


好きだと言った


あなたはずるくて


私はとても臆病で


二人が終わる


去り行くあなたの後ろ姿


ぬるいコーヒーだけが残された


おいしくないけれど


まるで今の私みたいだから


残したら可愛そうだから


終わりの中で飲み干した

それでもいい

出典: unsplash.com

私はあなたにとって


どんな存在?


観葉植物みたいに


癒しになっている?


それとも


ポップコーンみたいに


魅惑的な存在?


もしかしたら


新しいゲームに飽きたとき


仕方なく取り出して


時間つぶしに利用する


古いゲームのような存在?


それでもいい


それでもいいから


連絡が来ること


心から待っている

あともう少し

出典: unsplash.com

目が覚める


口元がほころぶ


だって今日は


あなたに会えるから


雨がしとしと降っている


静かに静かに水が跳ねる


一方通行でもいい


好きな人がいると


濡れた足の冷たさも


一瞬で温かさに変わる


あともう少し


あともう少し

正直な気持ち

出典: unsplash.com

鉛筆を持って10分


1行も進まない


ラブレターの書き方を


さっき調べたのに


鉛筆を持って20分


なにも思い浮かばない


伝えたいことは


いっぱいあるのに


あなたに伝えられない


私の気持ち


宙ぶらりんな


私の気持ち


「もう好きじゃない」


正直な気持ち

あなたの「好き」

出典: snapmart.jp

「好きだけど、もう一緒にいられない」


あなたの「好き」は


どんな「好き」なの?


私の「好き」は


好きな人と一緒にいられる「好き」だよ


あなたはただ黙って


寂しげに笑っている

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

150,853 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation