聞こえない足音に今日も耳をすませる

聞こえない足音に今日も耳をすませる
見つめる

寂しさに追いつけない

出典: snapmart.jp

いつも思っていた


あなたの瞳はどこか遠く


フィルター越しのような鈍色


視線はわたしをすり抜けて


そこにあるものを


景色に同化させて


濃い色を重ねて


わざと見えなくしているような


そんな距離のある寂しさに


追いつけないと


いつもそう思っていたの

笑ってほしい

出典: snapmart.jp

おかしいねって笑ってほしい


あなたのその残酷な無邪気さと


幼稚な甘さに


救われることもあるから


この猜疑心を


笑い飛ばしてほしい


ぬるいスープのような


優しい物足りなさに


赦されることもあるから

かなしみが喉に張り付いている

出典: snapmart.jp

子犬が跳ねているみたいな寝癖


勲章のように光る


運動靴の汚れ


たった少しの好きを


幾重にも重ねて


毎晩大切に磨いていた


あなたといるときの


浮かれた自分が好きだった


あなたを大切に想ったまま


100年が過ぎるはずなのに


いつからだろう


もうずっと


息を塞ぐようにして


かなしみが喉に張り付いている

あなたが笑わなかった日

出典: snapmart.jp

ぼやけている


ぼやけている、と思っていた


水に溶けたような曖昧さで


じんわりと滲む程度の心


だいじょうぶ


だいじょうぶ、と


言い聞かせて


それなのにあの日


あなたが笑わなかった日


ぼやけていたはずの輪郭が


痛みに縁取られた


はっきりと見えたのは


突き刺すような


絶望の形

わたしだけがいつも

出典: snapmart.jp

通り抜けていく視線に


乾いた笑い声に


戸惑う指先に


少しずつ傷付いていたの


知らないでしょう


血が出るほど深くはなくて


けれど確実に跡が残る


そういう痛みを抱えていたこと


知らないでしょう


あなたが知ろうとしない


その領域の中で


わたしだけがいつも


もがき苦しんでいた

憎んでいるわけじゃないけど
怒らせたくて
嫌いなわけじゃないけど
困らせたい
あなたといると
わたしだけがいつも子供で
満たされない歯がゆさが
淡くて苦いもどかしさが
心に積もって固まっていく

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

ずるい駆け引き

出典: snapmart.jp

誰かが発したSOSが


陽気な音に掻き消される


短く低い返事が


道路に充満する


あなたの笑顔が見たい


あなたの手を握りたい


最後の願いだと言って


ずるい駆け引き


あなたは笑って


手を差し出して


これは自分がしたかったからだと


小さなキスをしてくれた

約束をするために

出典: snapmart.jp

友達に戻ろう


わたしたちが共有してきた


幸福や喜びや興奮なんかが


なくなるわけではないから


友達に戻ろう


今までもこれからも


くだらないことで


笑いあえたらそれでいいから


友達に戻ろう


手を伸ばしたら届く距離でも


もうお互いには決して触れないと


そう固く約束するために

聞こえない足音に今日も耳をすませる

出典: snapmart.jp

オレンジに煌めく空


恨むように見つめて


あなたの足音を思い出す


期待をはらんだ軽快さ


踏まれて弾かれる小石


聞き逃したことは


一度もなかったはずなのに


思い出は音から消えていく


聞こえない足音に


今日も耳をすませる

寂しいと口に出せないくらい

出典: snapmart.jp

2人の間に


どれほどの距離があるか


どれほどの時間があるか


自分たちでもわからないような


熱の残量を


悲しみの度合いを


すべて吸収してくれたポプラ並木


明るい黄緑を誇りながら


髪をすく風


濃淡のある香り


すうと深呼吸をして


やっと気が付いた


寂しいと口に出せないくらい


ずっと寂しかったこと

あなたの幸福

出典: snapmart.jp

あなたとの距離感をリセットして


あなたに傷付いていた自分に


優しくしようと決めたの


だからあなたも


自分自身に優しく


そして大切にしてください


温かい平穏をわたしに


それ以上の幸福をあなたに

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

130,557 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new