悲しく胸が痛むこと

悲しく胸が痛むこと
te

紙を裂くように

出典: snapmart.jp

気づきたくない


あなたの存在が少しずつ


本当に少しずつ


紙を裂くように静かに


そして確かに


わたしを傷付けているということ

胸が痛むこと

出典: snapmart.jp

知られたくない


あなたといると本当は


悲しく胸が痛むこと


雪が降りつもるように


しんしんと


冷たく激しく痛むこと

言葉の代わりに

出典: snapmart.jp

「寒いね」


あなたの言葉が海に落ちる


「寒いね」


わたしも同じように落とす


遠い水平線に


寂しそうに浮かぶ船


青からオレンジへと


変化していく空


呼応するようにして


グラデーションしていく感情


視線を落として


白妙の砂浜に足跡を付けて


「寒いね」


うつむきながら


決して言えない言葉の代わりに

わがまま

出典: snapmart.jp

どこからやり直せばいいだろう


噛み合わない歯車は


今もぎこちなく回っている


正しいことだと


信じ切って


少しのすれ違いを


ないものにした


お互いの歩幅を


お互いのスピードを


合わせることができなくて


未熟さを理由に


ただわがままに


わたしはあなたを


あなたはわたしを


今も置いてけぼりにしている

心の重し

出典: unsplash.com

眉を下げて


仕方がなさそうに笑う


その笑顔が好きだった


遠くを見るときの


眩しそうな表情も好きだった


干したお布団みたいな匂いも


はねた前髪も全部


ここから気持ちが浮いてしまうなんて


考えたこともなかった


誰か探してほしい


心の重しになるものを

わたしたちはいつも
電車に乗っているみたいに
ずっと同じ方向を見ていて
それぞれ景色を楽しんで
向き合ったことなんてなかった
あなたはあなたの景色を
わたしはわたしの景色を
それは隣にいなくても
見えるものだったのに

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

いちぬけた

出典: unsplash.com

お気に入りの場所


お気に入りのジーンズ


甘いミルクティーに


ランボーの詩集


いつもと変わらない


穏やかな日常から


重たい一歩を踏み出して


いちぬけたのは


あなた

悲しそうな顔

出典: snapmart.jp

海の中で


もがいているような感覚


手も足も重くて


前に進めなくて


苦しくて冷たくて


でも


そんなのはずるいこと


わたしに別れを告げた


あなたのほうが


ずっと


ずっと


悲しそうな顔をしている

大人になりたい

出典: snapmart.jp

合わない歯車が


心臓に刺さる


2人でいると


苦しくなるばかり


それなのに


1人きりで見る海は


こんなにも味気ない


蒼白の海


時間が解決と言うならば


今すぐ大人になりたい


誰よりも早く


うんとしたたかな


大人になりたい

言葉

出典: snapmart.jp

いつか本で見た


カノーヴァの彫刻


なめらかな曲線に


艶やかな表現に


感情を揺さぶられた


それに似た強い憧憬を


あなたにも感じていた


伝えきれなかった想いが


紡げなかった言葉が


発したそれぞれの言葉よりも


美しく残るのは


どうしてだろう


今になって涙が溢れる


過去に戻りたいわけじゃないのに

嘘でも

出典: unsplash.com

読みさしのまま


返された文庫本


クスノキの影が落ちて


ここからまた物語が


始まるかのような


きれいな光景に見えた


「ありがとう」


風が吹いて


あなたの香りがして


ほとんど反射的に


涙が溢れた


油断がまねく結末に


ハッピーエンドはない


笑おう


今日は嘘でも


明日も嘘でも

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

54,719 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new