本当を信じたい

sora

白を濁す

出典: snapmart.jp

透き通る空が反射して


嘘をつけない


あなたの瞳


わたしだけを映してほしいと


願ってしまうのは


きっとわがままなんだ


胸にあふれる


あなたの言葉


まっすぐに届く


わたしだけを呼んでほしいと


願ってしまうのは


きっと身勝手なんだ


それでも


今日もわたしは


あなたを感じる


まばゆい白を濁すように

時計の針

出典: unsplash.com

まるで太陽に


抱きしめられているみたい


ふわりと香る優しさから


離れられない


向日葵はわたし


かすかに灯った


小さな熱は


あなたに会うたび


燃え盛る


時計の針を


ねじ切ったように


止まることを知らない心


いつかわたしに気づいたら


その時はどうか


わたしだけの太陽になって

小さなあなた

出典: unsplash.com

ぽとりと落ちる


一筋の雫は


宝石のように輝く


小さなあなた


誰にも言えず


ひたすらに


風をかきわけ


手を伸ばす


わたしはせめて


幸あれと


小さなあなたを


指に乗せる


光を集めて煌めく雫


わたしの中へと染み込んで


そっと静かに


瞳を閉じた

約束

出典: unsplash.com

美しい仮面をかぶり


偽りの笑顔を見せて


そして手に入れた


薬指の約束は


本当の愛を


知らないまま  


わたしには


吹きすさぶ風が


まとわりつくだけ


いつか2人の本当が


重なり合うのを


わたしはずっと信じてる


永遠の約束を


わたしはずっと信じてる

透明

出典: snapmart.jp

あなたの声が届くたび


わたしの声も届けたくなる


だけどわたしは透明


目にも耳にも指にも触れない


この身に宿したあたたかい熱さえ


色を与える勇気をくれない


髪を揺らす風だけが


そっとわたしをなぐさめた


あなたの香りを背に


ただ目を閉じる昼下がり

あなたと合わせた鼻頭
光こぼれるハート型
どうかこのまま離れないで
ずっとあなたを感じていたい

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

本当を信じたい

出典: snapmart.jp

あなたの声が聞こえたら


この胸を揺らす雨雲は


わたしの涙を知るのだろうか


「好きだよ」


あなたの声が


響き渡って


消えていく


いくら泣いても


静かな雨がわたしを包む


「きっと晴れる」


わたしの頬に触れて


あなたの唇で


聞かせてほしい


本当を信じたい

神様のせい

出典: unsplash.com

わたしの心には


2本の花が咲いている


どちらもとても美しく


どちらもとても優しくて


手に取る花は1本だけと


響く鐘が鳴り止まず


それでも2本を選ぶのは


神様のせいとつぶやくの

宝箱

出典: unsplash.com

はじめて会った日のこと


小指を絡めて


誓いあった日のこと


唇を重ねて


優しさに包まれた日のこと


すべてがとても大事すぎて


わたしの中の宝箱には


入りきらない


こぼれ落ちる思い出たちを


必死に拾い上げようとするけれど


どうにもその手は小さくて


それでもあなたはまたくれるの


あふれるばかりの宝物


わたしもあなたに


あげることができてるのかな

空の青さ

出典: unsplash.com

水鏡に映るのはだれ


唇にのせた薔薇色も


まぶたを彩る桜色も


はりつけた笑顔を作る偽りの色


水鏡に映るのはなに


彼の指に入るための虚飾


彼の心に入るための欺瞞


見透かすようにただ返す天水


そんなものはないのだと


つま先でそっと水面を乱す


残ったのは


空の青さと虚しさだけ

朝に消える

出典: snapmart.jp

星が


眠り始めるころ


わたしは


おぼろげな夢を見る


もうすぐ迫る


暁紅は


鋭い光で


まぶたを叩くだろう


だけどもう少しだけ


待っていて


今はまだ


あの人との思い出が


残っているから


たとえそれが


朝には消える


運命だとしても

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

54,718 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

pick up

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new