100年たってもあなたを好きな自分でありますように

恋愛詩集|100年たってもあなたを好きな自分でありますように
花のように

あなたは明日の思い出の中

出典: snapmart.jp

昨日のように明日も
あなたを思い出すのでしょう

明日のように昨日が
長い後悔であるように

昨日を超える別れの形を
作れなかった罰だとしても

明日を超える愛の形を
作れなかった懺悔のように

すべては冬の海の波にさらわれる
2人の知らない愛が終わる

新しい眼鏡

出典: snapmart.jp

古い街角
あなたを見つけた

あなたの横顔
新しい眼鏡をかけていた

新しい恋を
あなたは見つけただろうか

私にあるのは
強く刻まれた後悔

海浜公園で約束したこと
今も覚えているのかな

ただそれだけが
知りたい

足音

出典: snapmart.jp

何度も何度も
練習をした

鏡の前で
うれしい笑顔

何度も何度も
失敗をした

疲れ果て
また立ち上がり

それなのに
涙が止まらない

冗談を言い合って
別れた公園

「うまく笑えたね」
自分を褒めてあげたい

足音もなく
失恋は訪れた

新しい雨

出典: snapmart.jp

どしゃ降りの中
濡れるからって

抱き寄せられた
ピロティの影

あなたの肩越しに
幾千の光

それを見上げる
チェック柄の傘

そのとき
わたしは感じた

新しい雨
永遠に続く鼓動

深海にある部屋

出典: snapmart.jp

暗い世界のニュースを
あなたと二人で見る

朝も昼も夜も
嵐や破片や黒い風

あなたは少しも
涙もろくないタイプ

冷たい海に沈んだら
涙は涙じゃなくなるの?

深海にある部屋
私の涙はこわれもの

傷付いても
傷付けても
暗いニュースは続いていく

スローなテンポで
砂浜を歩こうよ
瞬きをする度に
一歩進んでしまう君
わたしは見失ってしまう
瞬きをする度に
あなたが遠くなる
そして消えてしまう
そんな気がして
こわくなるから

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

あなたという砂漠

出典: snapmart.jp

向かい風
響く遠雷

くぐり抜けて辿り着いた場所は
あなたという砂漠

愛し合い
渇いてく

それでもいいと消えないバラを
輝く船から捨てた

走っても
走っても

どこまでも続く砂漠の途中で
見失うまでの距離

ロマンス

出典: snapmart.jp

いつまでもそばにいて
もう2度とここに来ないで

砂浜で笑ったね
波にさらわれ泣いたけど

さよならだけで
A4ノートを埋め尽くして

曇り空は気まぐれ
祈りを捧げるふりをした

紙ひこうきを
飛ばしたのはロマンス

こんなにも寒いのに
熱い涙こぼれ幾年月

見えないことり

出典: snapmart.jp

たくさん
好きを伝えたことを
全部ウソにしてもいいよ

あなたの手の中に
見えないことり

どうするのも自由
あなたの好きにしてほしい

たくさん伝えた
好きの気持ちを
あなたの好きにしてほしい

見えないことりは
あなたの手の中で
あなたの答えを待っている

だから永遠になる

出典: snapmart.jp

大切な人は
この胸の中に

だからこの胸を
きつく抱きしめて

愛されたら
愛は終わるの

昇る太陽が
いつか沈んでいくように

だから愛して
愛さえも忘れるほどに

愛さなくてもいいの
だから永遠になる

100年たってもあなたを好きな自分でありますように

出典: snapmart.jp

ただ嬉しくて
涙が流れた

あなたが私を忘れて
生きていると知ったとき

私は今、ここにいるよ
あの日のあなたを胸に抱いて

あなたに2度と会えないのは
幸せなことなんだと思う

わたしに2度と会えないことが
あなたにとって幸せなことだとしたら

楽しい思い出をありがとう
100年たってもあなたを
好きな自分でありますように

fin d’un début
ある始まりの終わり

一かけらの今

149,801 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation