先のことを | 恋愛詩集 by yama。@歌詞屋

恋愛詩集 表紙
恋愛詩集

きみは春風

出典: snapmart.jp

きみは春風
きみが笑えば
心の汚れた残雪もとけ出し

きみが怒れば
心に降る雨のにおいも変わり

きみが泣けば
心でふるえる蕾もひらき

きみと笑えば
心を春が吹き抜けるみたい

きみは春風

遅い春の終わり

出典: snapmart.jp

薄寒さに目が覚めて
1人のベッドを出る

昨夜のシャツも脱ぎ捨てたまま
窓辺でタバコに火をつける

残り香も消えゆく部屋から

くすんだ空の青と
冷たい街に跳ねる光と
駅まで続く並木道の緑と

振り返る事なく
人混みに紛れてゆく君の姿と

遅い春の終わりを見ている

ブルーマンデーなんてあり得ない

出典: snapmart.jp

ブルーマンデーなんてあり得ない

大抵のことは寝たら忘れるし
辛い仕事も終わればそれまで
昨夜はピンクムーンにも照らされて

なのに

家に送ったときのきみの
少し沈んだ「またね」が
ピンクムーンに照らされた笑顔が

ブルーマンデーなんてあり得ない

きっと、忘れてゆくのに

出典: snapmart.jp

「落ち着いたらまた」
なんてかわしているうちに
きっと忘れてゆくのに

スマホ越しでも笑顔は浮かぶし
優しくされるとうれしくなるし
くるしくなるし
少しも落ち着かないまま

「落ち着いたらまた」

なんて
きっと、忘れてゆくのに

紫陽花

出典: snapmart.jp

閉め切ったカーテン
雨の日の憂鬱を言い訳に
求めあった
湿気った部屋に
やまないメロディ

閉め切ったカーテン
紫陽花の花言葉をよそに
求めあった
知らず枯れ始めていた
二人のセオリー

それが恋だと
信じていた頃の話

閉め切ったカーテン
灼けつく日差しと
枯れた紫陽花のアイロニー

Journey in to Chapter II
第2章へ続く

Chapter II
一つの光景

手折れたコスモスに降る雪

出典: snapmart.jp

元気にしてるかなと
都合良く思ってしまうけど
思い返すアキアカネのタンデム
去年より寒い冬
コスモスに降る雪を言い訳に
送った一言
既読もつかない
心を吹き抜ける張り詰めた風
既読もつかない

好きなのに

出典: snapmart.jp

好きなのに
嫌いなんて言って

好きなのに
嫌いなふりをして

好きなのに
嫌いなわけを探して

そうして
きみが遠くなって
声もかけられなくなって
気付く

いまでも
好きなのに

こんなにも

出典: snapmart.jp

こんなにも
こんなにも
あなた以外にあり得ないのに

こんなにも
こんなにも
こわれることを怖がってしまう

今よりも
誰よりも
あなたのそばで笑いたいのに

今よりも
誰よりも
遠ざかることを拒んでしまう

こんなにも
こんなにも

先のことを

出典: snapmart.jp

紅葉にはまだ早いよと
きみは言うけれど
先のことを話していたいのさ

イルミネーションどうするとか
桜はまた綺麗に咲くだろうとか
今度こそ花火見に行こうかとか
紅葉のその先を
季節の先の先を
きみと話していたいのさ

先のことなんてわからないよと
きみは言うけれど

あなた以外

出典: snapmart.jp

この先ずっとあなた以外
わたしを好きになる人はいない

離れた指先
涸れた涙
色を失った日々にもなれて
頑なな氷もとけたころ

目と目があうのは
気まぐれじゃないと

この先ずっとあなた以外
わたしを好きになる人はいない
わたしが好きになる人はいない

fin d’un début
ある始まりの終わり

\ 返詩・レビューで応援しよう/

#彼と彼女のソネット タグの付いた 一かけらの今 の投稿に、「返詩」「レビュー」を投稿すると、作者様にポイントが付与されます。ギフトももらえるかも。
「返詩」「レビュー」の投稿方法はコチラ

みんなで応援しましょう!


作者: yama。@歌詞屋
Twitter: @yama81fromzld

Twitterで見る


  • 掲載されている作品の著作権は yama。@歌詞屋 様に帰属します。

あなたも恋愛詩を投稿してみませんか?

  • 選出された恋愛詩に500円のAmazonギフト券をプレゼント
  • 当サイトにて掲載(著作権はご投稿者様に帰属します)
  • 回数・その他の基準に従い、年に1回、ステージごとに賞金を付与
  • 「たましいのこと」を見つけた方に、3段階の賞金を付与

一かけらの今

278,319 views

あなたに告白するのは きっと 恋の終わり あなたをあきらめることは きっと 恋の始まり 思い出だけ それでいいの いつかは今が コワくなるから

プロフィール

relation

about

うれしいって本当は、悲しくてつらいこと

かなしいって本当は、やさしくてあたたかい

小さなバラの雨が、今日も明日も降って

心は涙になる
about

new